HOME NEXT



IRIKIさん。どーも長い間ほおっておいてすいませんです。
やっと、重い腰を上げました。(いろいろ肩の荷もおりて・・・)
さ、みなさん。フレットを打ち換えたいが、どーしよう・・・と
考えている方も多いのではないでしょうか?
そこーーーーーーっで!
フレット打ち換えを、リアルタイム・ライブ形式で(って大げさな・・)
ご報告を・・・という、またまた、こーのの「姑息なネタ作り」講座ですね。
ま、でも、フレット打ち換えは、なーんだか分かったような分からないよーな・・・
という解説が非常に多い、この巷。
オーソドックスなストラトを例にとり、解説していこうと思います。
ただし、今回は単純なフレット「打ち換え」ではなくて
多少、その他いろいろな要素を盛り込んでのフレット打ち換え。
ま、皆さんはご自分の興味のあるところだけを「いいとこどり」する前提で
お読みください。
あんまりためにならないかもしれないけど・・・



はい、今回の被験者は・・・・
以前私が作った、なんとジャンクギターストラトです。
なんだか「10フレットあたりが音痴に・・・」という症状で
持ち込まれたこのギター。
よーく見ると・・・ありゃりゃ・・・・
フレット溝が広がって、フレットが浮き上がってきてます。
こーなると、いくらトンカチで打ち込んでも・・・
パカパカ・・になって・・・ダメですね。
で、こーなりゃ、いっそフレット打ち換えか!ということになりました。
さ、早速、作業に進みましょう。


持ち込まれたストラトの弦を外しました。
このギターのペグは、簡易ロックナット式なので
このようにペグの頭の部分を、マイナスドライバーやコインなどで緩めてから弦を外します。
(ま、セオリーですね・・皆さんもよくご存じだと思うので、ここは簡単に)

外した弦は・・・ポイッ!
基本的に外した弦は再使用しないのが賢明です。
(再使用すると弦は切れやすくなります。もったいないんですが・・・)

もちろん経済的に、ポイポイ弦を換える事が出来る人ばかりではありませんので、あくまで「理想としては・・・」という注釈付きで。

で、このように取り去った弦は、不燃ゴミ・・・ですかね。
あれ?金属は・・違うか?
ま、いいや、明日嫁さんに聞いてみよーと。

経年の汚れも・・お見事。
しっかりとメイプルの指板は、手の脂で汚れております。
今回のリペアは、この指板の汚れ除去と再防止もメニューに入っていますので、指板が汚れて困っている人・・・
このように直してくださいな・・・という、おまけも付いているんですね。 (ありがたい・・・なむあみだぶつ)

はい、ご覧ください。
このようにフレットのトレブル側・・・
少し浮きがあります。
つまり、このトレブル側のフレットは、このフレットを押さえると引っ込んで(通常のフレット状態)しまうので始末が悪い。
(つまり、押さえた指を離すとまた浮き上がってしまう・・・)
このフレットは11フレットですが、この上のフレット・・・つまり10フレット以下を押さえると、この浮き上がったフレットに弦が触ってビビるんですね。
この11フレットの溝は、埋め直して、
改めて溝をノコで切り直さなくては行けません。
じゃ、まあ、どーせなら・・・
ぜーんぶフレット打ち換えよう・・ということになったわけです。

じゃ、とりあえずネックを外していきましょう。
まずどこか一点のネジを緩めて・・・

はい、たとえばここがスタート地点だとすると・・・

つぎはこの対角線上のネジ。
ここを緩めていきます。
決して、どこか一点集中して、えいやっと一気にネジを外してしまわないようにしましょう。
まあ、ここまで神経質になることはないのですが・・・
でも、なんてったって、ギターは「木製品」ですから・・・・
金属のように堅くはないのですよ。
水がついたら反っちゃうし、力を加えれば割れちゃうし・・・・
このように出来るだけ負担をかけないように・・というのが
ギターに対する愛着でもあるんですね。いや、ほんと。
やさしく・・・よろしく。

はい、で、つぎはまた対角線のネジを少し緩め・・・

最後はここですね。
私は、これらのネジを最初に緩めるとき、3回転くらいしかドライバーを回していません。
とりあえず最強トルクで締め付けられているボディとネックを、
いったん、そのトルクの解放をしてやる・・・
くらいの感覚で緩めるわけです。
ま、そのあとはボディもネックも肩の力が抜けるでしょうから、
このあとは、ゆっくりとそれぞれのビスを外していきます。

はい、ビスが抜けネックがはずれました。

パーツが無くならないよう、このように箱などに入れて
外したパーツは保管しましょうね。
「ふっふっふ・・・おれは、パーツ無くすなんて・・・そんなドジはしねーよっ!・・・」・・・・というような人が、かなりの確率でパーツ無くします。ホント。(私がその、いい例)
1〜2時間で済む作業なら、そこらに置いといてもいいのですが・・・
これが2〜3日・・になると、作業している間に「あれ?どこいったっけ?」と叫ぶあなたが目に浮かぶようです。
ま、ここは悪いことは言いません。パーツは、すなおに箱に入れておきましょうよ。
けーーーーーして、損はしませんから・・・

さ、つぎはいよいよフレット脱着!
もう、ばんばんバラしていきますので、
よろしくっ!


HOME NEXT



Copyright(c) Takashi Kono. All rights reserved.