HOME
  Momose's Hundred Groove Contents NEXT


16/塗装仕上げ、ピックガード等

1.5ヶ月ほど乾燥時間をおきました。
最終磨きの行程で
400番〜600番〜800番〜1200番〜で磨き・・・
最終の2000番で水研ぎをします。

その後・・・・・
バフでしっかりとボディ全体を磨きます。

 

長い間、ボディの中に埋まっていた新聞紙を取り除きます。

おおっ!
キレイになりましたね・・・。

で、最後の磨き。

これはMODELARSのコンパウンドと同じ仕様のもの。
バフがけ後の細かい傷などは、このコンパウンドで
キレイにしてくれます。
ちなみに・・・・ここで_・・・

つぎは、ブリッジとテールピースの
アンカーナットを打ち込みます。

その前に・・・・
弦アース用の配線をして・・・・・

はい、打ち込み完了。

ゴールドパーツが、このギターによく似合いますね。

これはピックアップ位置を決めているところです。
1弦と6弦位置にたこ糸を張って弦道を決め、
その中心位置にピックアップが来るように設定します。
このピックアップは、ポールピースがないのですが
通常は、弦がポールピースの上を通るように決めるわけですね。

ピックアップが固定できたら、
次はピックガードの仕上げ作業です。
ピックアップ位置が決まらないと、
ピックアップ位置ザグリができませんからね。
型紙で位置確認をしている所です。

前に制作したピックガードに型紙を当て、
ザグリ部分を写し取ります。

糸鋸で切り出したところ。

ピックアップに当ててみると・・・・・
おっ、いいようですね。
しかしこのままだと、ピックアップの昇降用ビスが当たっているので、その部分もザグらねばなりません。

はい、ビス部分のザグリが終わり、ネックサイドに取り付けているところ。

ピックガードステーも取り付けて・・・
なかなか、おしゃれですね。

上から見ると・・・・
ココボロの木目が、パープルのボディによく似合います。

で、配線です・・・・。
アーチトップの配線は、いつもこんな感じ・・・。
こうなると、ちょっとしたパズルですね。

はい、何とかなりました。

とはいえ・・・・実は、ブリッジ側のピックアップから
盛大な誘導ノイズが出て、どうしても私では解決できず、オーディオアンプの設計をしている、電気の神様みたいな方にお願いして、いろいろ助けて頂き、
最終的には、ノイズも小さくなりました。

はい、電気系統は終了。
残すはナットのみ。

ナットも、以前にある程度まで作っておいたものです。
あとは弦溝を切り出すだけですね。

まず弦溝部分に小さなノコで切り込みを入れます。
ナットヤスリがずれないようにするためですね。

最近は、ギターからナットをはずして
このようにバイスに挟んで作業します。
ギター本体に傷をつけそうで、こわいので・・・。
ナットヤスリで、ある程度の深さまで弦溝を彫り込んだら、最終的には弦を張り、1本づつギター上で調整します。
今回チョイスしたのは、Gibson弦。
弦は、どうしても、皆さんそれぞれの好みがありますので、ま、最初に張る弦・・・くらいの軽い感じでいつもチョイスしています。
アフリカンブラックウッドで作ったトラスロッドカバーを取り付けて、いよいよ弦を張ります。
このGOTOH製ペグは、マグナムロックタイプなので
弦を張るのがとても簡単。
弦を穴に通し、ペグの裏側のノブをくるくる回してれば、しっかりと固定してくれます。

こんかいは、ちょっと雰囲気を変えたストラップボタンにしました。
アイボロイド(象牙風)のボタンです。

このようなカタチで取り付けます。

パーツは、ボタン・真鍮のスペーサー・ビスの3点。
あ、一番右のフェルトは、別売のものです。

こうして真鍮のスペーサーをかまして
ビスを締め込むわけですね。
はい、ついに完成。
次ページで完成写真を見てやってください。


 


HOME   Momose's Hundred Groove Contents





Copyright(c) Takashi Kono. All rights reserved.