HOME
  Momose's Hundred Groove Contents NEXT


3/ボディ成形&ザグリなど



これはアーチトップギター特有の
エクステンション(継ぎ手)部分です。
ネック本体と同様に5ピースで制作します。

ネックと同じですね。
この継ぎ手の加工は、まだまだ、後の作業です。

 

次の作業は、スルーネック部とサイドのウイング部の接合を強化する、ビスケット加工です。
家具などによく使われるビスケット加工・・・。
ただ単純にトン付けでスルーネック部とウイング部を接着するより、はるかに強度が出ます。

スルーネック部のビスケット用溝を
ルーターテーブルで掘りました。

ビスケットとは、このアール上になったものですね。
細かい木屑のようなものを圧縮して成形されているので
木工用ボンドのように、水分を含んだものを含浸させると膨張して、溝にぴったりと密着するワケですね。

テストで端材に溝を掘ってみました。

ビスケットを入れた状態で密着させると・・・
ぴったりでした。

はい、このようにボディ部分の2箇所に
ビスケットを仕込みます。
スルーネック部とウイング部の両方に溝を加工しました。
合わせてみましょう。
いい感じですね。

じゃ、早速接着・・・と行きたいところですが、
作業性の良い今の形状のうちに、
ボディ内部のホロー部分を加工しておきましょう。

少し宛掘り下げていきます。
これは、かなり面倒な作業になりますね。


これはコンター部のザグリです。
スルーネック部の下側も加工しました。
ウイング材と合わせてみると・・・こんな感じ。

接着は、まだまだ・・です。
次は、接着してしまうと加工がかなり困難になってしまう、スルーネック部とウイング部の合わせ目部分を
いまのうちに綺麗に成形しておきます。
ボディアウトラインをテンプレートを使ってトリミング。

カッタウエイ側も同様に・・・。
半分をテンプレートでトリミングした後、
つぎは、そのトリミングした部分をテンプレートにして、このトップにベアリングがついたビットでトリミングします。
はい、このようになりました。
この状態になって、やっと接着行程に進めるわけですね。
先ほど綺麗にトリミングした部分が、これ。
おっと、コンター位置のザグリ部、
ここも、いまのうちにノミで成形しておきます。
アンダーボディ部の厚みは、10mmを想定していますが、
現状では13mmありますね。
まだ、このあとボディ底やトップボード接着面など
かなり削り込んでツライチを出しますので
現状としては、まあ、イイところでしょう。
おっ、トラスロッドのしこみが、まだ残っていました。
スルーネック部のサイド面は、
軽いテーパーがついているので 端材などを挟み込んで
センターラインと平行を出すのが、すこし難儀しましたが、ま、無事、ロッドの溝切りも完了。
芯材のブビンガと同様の端材で、
ロッドのフタを作りました。


 


HOME   Momose's Hundred Groove Contents




Copyright(c) Takashi Kono. All rights reserved.