HOME Arakawa Contents NEXT


1/材料の準備&ブックマッチ

 

さ、Arakawa Specialいよいよメイキングスタートです。
まずは、オハイオから送られてきた材を検証!・・・・

いい杢ですねえ。

これはサイド材。
サイド&バックのセットなので、当たり前ではありますが
バックと同じように、いい杢のサイド材です。

で、これがトップ材。
オーナーこだわりのチョイス、
ジャーマンスプルース(別名ヨーロピアンスプルース)です。


じゃ、素材をじっくり検証しましょう。
バック材ですね、
非常にいい杢が出ています。
これは当たりの材ですね。

ちなみに杢がどう出ているかで音が変わる・・と言うことは
いままでの経験上ありません。
ということなので、単板に関しては杢が綺麗かどうか・・・
という一点での好みの問題だけですね。

で、これは・・・・、
バック材をアップで見たところ。
きめの細かい綺麗な杢ですね。

で、次はトップ材。
ジャーマンスプルースですね。

これも木目が密に詰まって美しい材です。
このような良質なトップ材は、出来上がりの音出しがとっても楽しみです。

サイド材ですね。
バック材と同じく、非常に細かい杢が入っています。

これはネック材。
センターに挟むウォルナットと、
ストークの手持ちで、特別にチョイスしたバーズアイ材です。

ネックに使用するバーズアイは、
完成後、歪み歪みが出てくる恐れがありますので
あまり杢が細かくないものの方が、むしろベストチョイスといえます。

ジョインターで直角出しをしている所ですね。
これは、トップ材ですね。

このように、粗々ではありますが
とりあえず、接着面の平面出しが終わりました。

さらに、接着面の平滑度を追い込んでいきます。
ハンドカーブのアーチトップの場合<
削りだしていく過程で、思わぬところで隙間が出てくる可能性があるので
完全に密着させる必要があります。
0.04mmのシムを使って、徹底的に隙間の微調整をします。
調整すること、2時間・・・
やっと接着の工程に進むことが出来ました。
上下の浮きに対処するべくクランプのために
平らな面を今のうちに作っておきます。
で、クランプした絵がこれ。
センター部には、上下の浮きを押さえる
当て木も一緒にクランプしているのが分かりますね。
はい、つぎはバック材。
トップ材と同様に、ジョインターで直角面を出し終えたところです。
さらに接着面を追い込みます。
トップ材と同じ要領ですね。
なんとか接着面の平滑出しが終わりました。
やれやれ・・・・・
で・・・・・
バック材の接着開始!
まずは接着剤をたっぷり塗って。。。

エイやッと、クランプ!
この状態で翌日まで放置しておきます。

はい、翌日・・・接着完了。
ん?
これはトップ材の写真かな?
接着後、トップ面をさらに削って平らな面を作っておきます。
どのみち規定の厚みまでドラムサンダーで削っていきますので
この作業は、まんざらムダではありません。


 


HOME Arakawa Contents



Copyright(c) Takashi Kono. All rights reserved.