HOME Arakawa Contents NEXT



10/ヘッドの成形

 

さ、次はヘッドの成形です。
まずはヘッド表面の平滑を出して行きます。

80番〜120番で磨きながら・・・

途中、ヘッドのストレートを確認しながら作業を進めていきます。

次は裏面ね。
ここは、とりあえずザックリでOK。
ヘッドの形状にカットしたあと、あらためて磨きますから。
磨く面積も小さくなるしね。

カンナヤスリでガシガシと・・・・

磨きが終わったら、ヘッドにヘッドジグを取り付けます。
2カ所のビスで固定します。
このビスの位置は、ペグの位置ですので心配ありません。

まずはヘッドジグを固定して・・・

ビスの下穴を開けて行きます。
そのほかビス以外のペグ位置にも同様に穴を開け手置きます。
ここでの作業はここで終わり。

つぎは、0フレット出しですね。
おなじみフィンガーボードストップ。

スプルースの柾目材を使って
0フレット位置に正確に接着します。

接着が完了したら、このように斜めに削っていきます。

ヘッド表面と同じストレート面になるように削っていきます。

このようにストレート面が出来たら
フィンガーボードストップの完成ですね。

つぎはヘッドプレートの成形です。
まずトラスロッドのメンテナンスホールの位置を
現物合わせでマーキングします。

メンテナンスホールをくり抜くための 穴を開けておきます。
ジュエリーソーでマーキングした部分をカット。

はい、カット終了。

ヘッドに合わせてみて・・・・
いいようですね。

カット面を綺麗にならします。
はい、OK。
じゃ接着していきましょう。
これは、接着の仮クランプ状態ですね。
で、本クランプ。
この状態で半日おきましょう。
はい、接着終了。
以前開けた穴からヘッドプレートに穴を開けていきます。
で、ヘッドジグを取り付けて・・・
ヘッド位置をマーキング。
じゃ、ヘッドをラフカット。
ラフカット終了。
次の工程に進みましょう。


 


HOME Arakawa Contents




Copyright(c) Takashi Kono. All rights reserved.