HOME Arakawa Contents NEXT



11/ヘッドの成形&バインディング

 

 

ヘッド加工の続きです。
とりあえずヘッドのラフカットが終わったので、
ネックのラフカット加工に入ります。

バンドソーでザックリとカット。

ハイ、カット終了。
オリジナルのカットラインより2mmほど
外側をカットしてあります。

つぎはヘッドですね。
ラフカットされたヘッドにジグを取り付けて
ペグの下穴を開けておきます。
あ、その内の2カ所はジグを固定するためのビスですね。

ビスでジグを取り付けたところ。

はい、ヘッドの下ごしらえの出来上がり。

つぎはバインディングですね。
白黒白のパフリング、そしてコア材のバインディングの
下準備をしておきます、

つぎはバインディングの溝加工ですね、
ベアリングとカット刃の、間隔を現物合わせでチェックして・・・

専用のバインディングジグでルーティングしていきます。

ちょっと引いて見るとこんな感じ。
もちろんこのルータージグは、ストークのお手製です。

まずバインディング溝を切っていきますが
目立たない箇所でテスト。

バインディングを当ててみて、
上&サイドとも寸法通りに、カット出来ているかをチェック。
はい、いいですね。

じゃ、ボディの全周にバインディングの溝を切っていきます。

こんな感じに出来ました。

次は、パフリングですね。
バインディングの時と同様にすこし溝を切ってから、
バインディングと合わせて様子を見ます。
上部に0.5mmほどのマージンがありましたのでOK。
同様にパフリングの溝を切ります。

はい、こんな感じになりました。

もう一度チェック。

溝の状態も良いので、いよいよパフリングから巻いていきます。
おおっ、凄いことになってます。
この状態で約1時間待ちましょう。
パフリングの接着完了までの間に、
ヘッドの成形をしましょう。
ジグに習ってテーブルトリマーで加工しています。
そのあと、裏面のサンディングです。
裏面のサンディングが終わったら、
黒の薄板を貼り付けていきます。
ボリュート部分は、このようにサンドペーパーのロールをあてがい、
ボリュートのカーブにしっかり密着させて接着します。
パフリングも接着できたので、
さ、いよいよバインディング行程ですね。
まずは必要な道具類を用意して・・・・
ベンディングアイロンで、バインディングをボディ形状に曲げて行きます。
曲げ終わったら早速ボディに接着。
表麺のバインディング、接着完了。
エンド部分は、左右からのバインディングを ぴったり密着刺せるため、
これからゆっくりと加工していきます。
まず、バインディングの片側をセンターラインに合わせてカット。
その後、もう反対側も同様の手順で慎重にカットします。
バインディングの合わせ目がカット出来たら
エイやと接着ですね。
この状態で半日様子を見ます。


 


HOME Arakawa Contents




Copyright(c) Takashi Kono. All rights reserved.