HOME Arakawa Contents NEXT



12/バインディング

 

 

表側のバインディングの接着が完了です。


で、これはバック側ですね。
はみ出ている部分をニッパーでカットしておきましょう。

バックのバインディング接着風景。
まだ、エンド部分が見接着ですね。

片側づつセンター出しをします。

ほんの少し、1mm弱くらい大きめに切り出して
その後、微調整しながら左右のバインディングを擦り合わせます。

はい、ピッタリきましたね。

つぎは、指板のフレット溝切りです。

これはフレットの溝切りジグですね。

フレット溝の深さを決めているところですね。
この器具はm非常にいいですね。
コンマ何ミリまで正確に出せますし・・・。

このように、フラットな面でゼロを出してから
高さを測ると正確な寸法が出せます。

このようにスケールの目盛り位置に切り込みが入ったジグにあわせて
フレット溝を切っていくわけです。

フレットの溝切り。
だいたい1分くらいで終了です。

はい、出来ました。

25インチスケールのジグと照らし合わせて
溝切り位置の再確認をします。

おっ?
展開が早いですね。
これはバインディングの仕上げをしているところ。
バインディングを削りつつも
ここでリカーブを作っていきます。

これくらいリカーブが出来ています。

どんどんいきましょう。
次はネックですね。
42mmのネック幅に調整していきます。

ヘッドとネックの流れは、自然なラインが出るように
注意深く削り込んでいきます。
これはテーブルルーターで、
ヘッドのバインディング溝を切っている所ですね。
若干の段がわかりますか?
バインディング&パフリングの溝が完成したところです。
木製のバインディングとパフリングを当てて
様子を見ているところ。
いいですね。
アップで見るとこんな感じ。
次は、バインディングを曲げて行きます。
プラスチックと違い木製ですので、
このようにあらかじめ曲げておかないと
ピッタリと合いません。
まずはパフリングから・・・
このように極小釘でぱふりんぐを固定しながら
作業を進めていきます。
パフリングが終了したら
次はバインディングですね。
このようにヘッドのアールに合わせて
ベンディングアイロンで少しづつ曲げながら
パーツを作っていきます。
私の場合、接着は木工用の瞬間接着剤を使っています。
ヘッドのバインディングが完成したら
指板をジグにしてネックのサイズにトリミングしておきます。
はい、次の工程は、ネックのバインディング巻きですね。


 


HOME Arakawa Contents




Copyright(c) Takashi Kono. All rights reserved.