HOME Arakawa Contents NEXT



13/ネックの仕上げ

 

 

エクステンションの制作です。

このようなカタチでネックに組み込まれます。

じゃ、接着していきましょう。

より高い密着性がほしいので
前後と上下からクランプしています。

後ろから見たところ。

次はヘッドのバインディングの後処理ですね。
まずカンナでザックリと削っていきます。

ザクザク・・・と・・・・

はい、ヘッドの平らな面が出来ました。

これは指板のバインディングを接着しているところです。

バインディングの接着が終わったら
ナット面のバインディングを丁寧に削っていきます。

指板のバインディング巻きが完成。

エクステンション部分の乗った指板。
あとで、このはみ出た部分も処理していきます。

つぎは、ボディサイド、カッタウエイ部分の
ネックとの接合面のバインディングを巻いていきます。
まずは、現物製図して・・・

カッターナイフで切り込みを入れた後、
ノミで表面のサイド材を削っていきます。

さらにパフリング部分もカッターで切り込みを入れて・・・
バインディングとパフリング一緒にカットしてもいいのですが
ここはより慎重に・・・ということで
二度にわたって削っていきます。

パフリングのつながりを考慮しながら・・・
このような形になるわけですね。

接着後、ツライチになるように表面を削っているところ。

はい、サイドの縦部分バインディング完成。

つぎは、ネックに指板を接着するために
その位置決めをしているところ。
まずネックのストレートラインを出し、
指板を乗せていちを 確認しているところ。
3・12・19フレット溝に0.9mmの穴をあけて
極小釘を差し込んだところ。
トントンと軽く釘を打ち込んで
はい、これで指板の位置が決定しました。
おっ?
もうネックのサイド面のトリミングが終わっていますね。
すいません、写真撮り忘れました。
じゃ、指板を接着していきましょう。
これは仮クランプしているところ。
いくら釘で位置を固定しているとはいえ、
いきなりクランプでぎゅうぎゅう締め上げると
どうしても微妙に位置がずれてしまうので、
最初はカムクランプを使って、この状態で10分帆を放置します。
はみ出た接着剤を取り除いた後、本クランプ。
実はすでに指板のアールも付いています。
この工程も写真の撮り忘れ・・・
接着剤が乾いたら、ネックのアール加工に進みましょう。
ネック側とヒール側を削り込んでいきます。


 


HOME Arakawa Contents




Copyright(c) Takashi Kono. All rights reserved.