HOME Arakawa Contents NEXT



14/エスカッション

 

 

さて、つぎはエスカッションですね。
使用している材は、縞黒檀です。
まずは、直角出しをしてエスカッションのベースを作ります。

使用するピックアップのサイズを計測して・・・

はい、現物製図しています。

まずは、真ん中を切り出して・・・と

今回使用するピックアップは、ちょっと独特な形状をしているので
エレベーション用のスプリングが入る部分をザグっておきます。

はい、こんな感じに収まりました。

とりあえず、ザックリですが、
エスカッションの裏側が出来ました。

つぎにボディのアーチ形状にフィットするように
エスカッションの裏側を成形します。

左右で1x2のエレベーションなので
このような仕上がりになっています。

ネックを仮組みして・・・
エスカッションの位置を確認中。

さ、つぎはネックのストレート出し。
写真の右側に写っているのは、シックネスゲージ。
そ、厚さを測るゲージですね。
見えているのは0.04mmの厚み。
このゲージが隙間に入らないところまでストレートを出して行きます。

で、ハイフレット部分は、おなじみファラウエイ(FARAWAY)ですね。
ハイフレットの音の詰まりを緩和するため、
ハイフレットに行くほど、すこし隙間が出るように
削り込んであります。

指板の仕上げは400番で・・・・

12”アールもしっかりとチェック。

小さな傷をチェックしながら、さらに400番で・・・

つぎはサイドポジションの制作です。
サイド部に製図して、ポンチでマーキングしたあと・・・

1.5mmのビットで穴開け。

サイドポジションの棒を入れ、接着剤を充填していきます。

おお、どこかの工事現場で見たような光景・・・・
接着剤が乾いたら、デザインナイフではみ出た部分をカット。
最後にサンディングして・・・・
サイドポジションマークが完成!


 


HOME Arakawa Contents




Copyright(c) Takashi Kono. All rights reserved.