HOME Arakawa Contents NEXT




15/フレット&ネック成形

 

 

さ、フレットまでやって来ました。
このギターの完成も、もう後わずかです。
まずはフレットを12”アールに曲げて行きましょう。
使用するのは、私の手作りフレットアールジグ。
ま、形状はStewmacのパクりなんですが・・・。

このように曲げる事が出来ます。
名により重要なのは、真っ直ぐ一直線にアールが付くこと。
このアール付けで真っ直ぐにアールが付いていないと、
次の工程のフレット打ちが、かなり庵義になります。
フレットのベンディングニッパーでフレット曲げを行う方も
かならず真っ直ぐに曲げていけるように注意してください。

じゃ、フレットのカットですね。
ここは現物合わせ・・・。
各フレットの長さに合わせてカットします。

はい、フレットのカットが終了しました。

このギターは、バインディンが入っていますので
フレットのタング部分が見えてはいけません。
で、登場するのがタングニッパー。

このようにフレットは端っこを
綺麗にカットすることが出来るニッパーです。

フレットに合わせると・・・
こんな感じになるワケですね。

じゃ、フレットを打て行きましょう。
使用するのは、フレットのプレス機。
一本づつグイグイトプレス機で押し込み、
その後、浮いている部分はトンカチでコンコンと打ち締めていきます。

フレットが打ち終わったら・・・

はみ出た余分なフレット端をカット。

次は、フレット端のツライチ処理です。
これはヤスリをかけ、ネックツラに合わせて削ったあと、
つぎにフレット端部分を斜めに削ります。

このような斜め削りの専用ヤスリを使って・・・

このように削るわけですね。

はい、フレット端の斜め仕上げ終了。

つぎは、フレット正面のすり合わせです。
金属バーに240番を貼ってゴシゴシ・・・

つぎはトップ部分が、若干平らになっているところを
またもや専用ヤスリでアールをつけていきます。

専用ヤスリは、こんな感じ。

次はまたまた専用ヤスリで、フレットの「めくり」を取っていきます。

フレットの両端が綺麗になったら
ここで指板保護のため椿油を塗り込んでおきましょう。
椿油が乾いたらマスキングして、
フレットのすり合わせに備えます。
400番〜600番でフレット上面の傷を取り、
さらに800〜1200番のスポンジペーパーで
フレットをピカピカにしていきます。
フレットの下処理ができたたら
次はネック裏の握り部分の加工に入ります。
まずはスポークプレーン(南京ガンナ)でザックリと削ります。
ある程度アールがさまになって来たら
木工ヤスリでさらに形状を追い込んでいきます。
ネックのアールジグなども使いながら、
自分の手で握り具合を確認。
はい、ネックが80%ほど完成。
ブリッジ側から見たネックです。


 


HOME Arakawa Contents




Copyright(c) Takashi Kono. All rights reserved.