HOME Arakawa Contents NEXT




16/エスカッション&ヘッドインレイ

 

 

つぎはエスカッションの制作です。
このようにピックアップに合わせて
縞黒檀からエスカッションを切り出しました。
これは四隅のエスカッション固定のビス穴を開けているところです。

はい、穴をあけて行きましょう。

穴開けが終わったら、つぎは穴トップ部分のザグリですね。

ザグリが完了してビスを入れてみたところ。

エスカッションが完成したら、
つぎはヘッドのストークロゴの制作です。

他のギターも同時進行だったので複数個切り出しています。

はい、切り出し完了。

じゃ、フレットを打て行きましょう。
使用するのは、フレットのプレス機。
一本づつグイグイトプレス機で押し込み、
その後、浮いている部分はトンカチでコンコンと打ち締めていきます。
オーナーの名前も一緒に切りだしました。

じゃ、ヘッドのインレイ凹型を掘っていきましょう。
まずは型紙におなじみスプレー糊を・・・

切り出した貝素材の厚みにドレメルを調整します。

OKですね。

型紙に切り出したインレイを当ててみて・・・
はい、いいようです。
型紙通り掘っていくことにします。

あっという間に・・・
掘り終わり完了。

で、貝が掘った部分に当たっている部分をチェックしながら
少しづつ修正していきます。

無事、掘り終えました。

つぎは、ヘッド裏のオーナーの名前掘りです。

掘り終えて、一文字づつ調整しながら貝をはめ込んでいきます。

ふ〜、なんとか終了。
結構、時間がかかりました。

じゃ、埋め込んで行きましょう。
2液のエポキシに黒のパウダーを混ぜて・・・
切り出したロゴを埋め込みます。
あまったエポキシでヘッド表の導管も埋めてしまいます。
ついでに裏も・・・・
一応、この表裏エポキシで埋め込む工程も前提にしていたので
すこし多めにエポキシを作っていました。
翌日です。
エポキシも完全硬化したのでデコボコのエポキシを綺麗に均して行きます。
裏面はちょっとエポキシが手強かったので
このようにカンナヤスリの細かい方でザックリ粗削りしています。
スクレーパーも動員して・・・・
最終的に400番まで磨いてインレイ作業が終了。
角度を変えて・・・
表もご覧の通り。


 


HOME Arakawa Contents




Copyright(c) Takashi Kono. All rights reserved.