HOME
 Arakawa Contents NEXT




17/ネック仕上げ&塗装

 

 

さ、いよいよネックの接着です。
まずはリハーサル・・・。
各接地面がキッチリと密着しているか、
最終のチェックです。

裏から見るとこんな感じ

写真が前後しましたが、
今回は、ヒールキャップにバーズアイを使用しました。
上の写真がそうですね。
で、この写真は、ヒールキャップを接着するために
ヒール部分の平滑を作っているところです。

ヘッド裏面もこんな感じに仕上がっています。

じゃ、接着していきましょう。

ネックとボディ、上下のクランプに加え
大きなクランプでヒール部分の前後もクランプします。

これは翌日の写真、接着が終わって多少の段差が出ている部分を
スクレーパーで均しているところ。

以前作ったエスカッションに、ピックアップをセットして・・・

ネックとピックアップの位置が揃っているかを確認。

はい、このようにすべての位置関係等を最終チェックした後は、
いよいよ塗装工程に入ります。
まずはFホールにたっぷりと新聞紙を詰め込んで・・・

おっ?早いですね。
とりあえず第1回目の塗装が終わりました。
今回は、あえてムラムラの塗装面を作るために
エアブラシではなく、擦り込みの塗装方法をとっています。

ネックも同様に・・・・

ボディ裏面も・・・・

で、第1回目の塗装が終わりました。
さ、これからいかに「ムラ」を出して塗装しようか・・・
この時点でかなり悩みましたが、
結論としては、とにかくテキトーに作業する・・・という結論に達しました。

2回目の塗装風景。
少しムラが出てきましたね。

さらに裏面のムラ作り・・・
この後、延延と無アrを作るための作業をしました。
か〜なりしんどかったぁ・・・

つぎにナット溝を作っていきましょう。
まず、使用するナットの両側面をサンディングします。
このときは400番ですね。

続いて、ナット溝を作っておきます。
14.5度のジグを固定して、薄刃のノコで切り込みを入れていきます。

 
ナット底面の直角出しも重要ですね。
直角出しができたらナットの設置方向「前・後」をマーキングしておきます。
これは、重要な意図手間ですよ。
少しづつナット溝を調整します。
3mmのノミやナットヤスリを使って
微妙にセッティングしていきます。
なんどもすり合わせを行い、
なんとかここまで入れ込むことが出来ました。
アップで見ると、こんな感じですね。
側面から・・・
ナットのはみ出た部分をカットして・・・
半割れ鉛筆でフレット位置高さをマーキングします。
で、1mm厚の定規を下に敷いて、現高の高さをマーキングします。
これで、あとは上の必要ない部分をカットして
ナットのラフ仕上げが完了です。
とりあえずナットの作業はここまで。
溝切りなどは、とそが仕上がって最後の工程になります。


 


HOME Arakawa Contents




Copyright(c) Takashi Kono. All rights reserved.