HOME Arakawa Contents NEXT


2/モールドの制作

 

さ、次はモールドを作っていくのですが
その前に型紙を作ります。
出力したペーパー能浦に厚紙を貼り付けてカットします。
ま、いつもの作業ですね。

で、カッターで慎重に切り抜きます。
この型紙が、これからすべての作業の基本になりますから
ここは慎重に切り抜きます。

はい、型紙完成。

つぎに・・・・毎度おなじみ、ランバーコア材ですね。
型紙を当てて適当なところでカットします。

2枚のランバーコア材をカットすると
このように端材が出ますので
この端材を3層モールドのセンターに入れる事になります。

これで3層分のモールド材が出来ました。

で、今のうちにセンターラインを引いておきます。

センターラインに型紙を合わせてアウトラインをマーキング。

こんな感じになりました。

ビスで3層のモールド材をを固定します。

カットする位置をマーキングし、
モールドのカット前の準備が完了です。

もうあとは、バンドソーで一気にカットして行きます。

おっ?
いっきにカット終了。

若干、切り口がデコボコしていますので
これから滑らかに成形していきます。

おっと、その前に・・・・
カットし始めのカットラインが口を開いてしまいますので
当て木をして固定しておきます。
スピンドルサンダーを使って切り口を滑らかにしている所です。
カッタウエイ部分もこんな感じで・・・・
はい、型紙をモールドの中にいれて形状のチェック。
いいようですね。
さらにセンターラインに対して
トップ部分が直角になっているかのチェック。
同様にトップ部分の断面の直角出しも忘れずに・・・。
センターラインを内側サイド面にもマーキングします。
はい、こんな感じにマーキング終了。
日付と誰のモールドかをサインをいれて
はい、モールドの完成です。

次はネックの制作です。
今回使用するネック材は、バーズアイ材。

表面に鉛筆のチェックマークを入れて
ドラムサンダーでストレートを出して行きます。
表面のストレートラインの出来上がり。
さらにネックのセンターに挟むウォルナット材も
同様にドラムサンダーでサンディングしていきます。
はい、このように出来ました。


 


HOME Arakawa Contents



Copyright(c) Takashi Kono. All rights reserved.