HOME
 Arakawa Contents NEXT





21/塗装仕上げ&ピックアップ

 

 
これはピックガードですね。
使っているのは、ブラックウッド。
ま、エボニーの仲間です。

今回は、白太部分をアクセントに使って
ピックガードを制作します。

はい、切り出した所ですね。

じゃ、次は・・・
ボディの磨き最終工程ですね。
2000番のペーパーで水研ぎしています。

水研ぎが終わったら、バフで磨きます。
狭い工房なので、磨いたボディをどこかにゴツンしないように
細心の注意をしながらのバフィング・・・。

はい、磨き終了。

裏側ですね。

ネックやヘッド周りも・・・こんな感じ。


つぎは、ピックアップですね。
縞黒檀でエスカッションを作りました。

ちょっと厚めのエスカッションなので、
裏側はこのように・・・。

エスカッションに取り付けたところ。
いい感じですね。

ボディに乗せて、雰囲気を見ます。
もちろん、この時点でボディのアーチに合わせて
エスカッションの裏側は、加工済みでございます。

んじゃ、ボディの中の詰め物(新聞)を取り出していきましょう。

これはテールピースを取り付けるときの調整ですね。

ボディ内部にストークのラベルを貼り、
やっと完成の準備です。

テールピースを取り付けましょう。

はい、完成も目前・・・風景

さ、ピックアップです。
KentArmstrongの最高級品です。
一般的に販売されている個体とは、
はっきり言って完全に一線を引いた外にあります。
(もちろん、お値段も・・・)

ま、配線はシンプルな回路ですので、
こんな感じ。
あ、コンデンサーはオレンジドロップですね。
で、出音のチェック・・・コンコン・・・はい、OKです。
さ、じゃあつぎは、ペグの取付ですね。

GOTOHの最高級品510です。
カラーは、サテン仕上げですね。

ちょっと見にくいですが、
ソケットのみで手回ししているところです。
最終的に、ペグの位置を正面から見て確認し、
最後にレンチで締め込みます。

ボリュームとトーンのポットも取り付けました。
このポットを入れ込むときは、
ピックアップホールからすべてのハードパーツを入れ込み、
Fホールから指を入れながら、取り付けていきます。
たこ糸を張って弦道を確認しながら
ピックアップを取り付けていきます。
はい、ほぼ完成直前ですね。
いつもながら、気持ちいい風景です。


 


HOME Arakawa Contents




Copyright(c) Takashi Kono. All rights reserved.