HOME Arakawa Contents NEXT


4/サイドベンディング


 

次の行程は、サイド部の曲げ行程です。
まずは、サイド材の側面のストレートを出しておきましょう。

つぎに規定の幅にカットです。
このギターは、セミアコ並にうす胴のフルアコなんですが・・・
トップとバックボードの厚みを差し引いたサイズにカットします。

バンドソーで一気にカット!

ブックマッチした2枚のサイド材が出来ました。

カットが終わったらサイド材の両面をしっかりとサンディングします。
ザラザラとした表面だと、ベンディングしている時ひびわれが出てきますので、
割れにくくするために、この段階で表面を滑らかにしておきます。

つぎに・・・・先端部の直角をだします。

はい、直角出し完了。

ということで・・・ベンディングの準備が完了。
さ、いまから曲げていきましょう。

ぐいぐい・・・と・・・・・

とりあえず、曲げの楽なカッタウエイが無い側を曲げました。

こういう部分は、サイド材をモールドに入れたまま
グイッと押しつけながら曲げていきます。

モールドにサイドをあてがったまま、
モールドごとベンディングの仕上げをしました。
サイド材がベンディンによって熱いうちに、
このようにクランプでしっかりとカタチを維持しておきます。

次はカッタウエイ側ですね・・・。
無理をすると割れてしまいますので
ゆっくりと慎重に曲げていきます。

おおっ・・・いいですね・・・。

ということで、カッタウエイ側の曲げも終了。
こんな感じですね。

で、次はブロックの制作です。
これはヒール側のブロック。
素材はマホガニーですね。

これはエンドブロックを切り出して
サンディングで直角を出しているところです。
直角出しのチェック!
直角出しが出来たらモールドにエンドブロック材を当て、
エンド部分のカーブを写し取ります。
まずは、ザックリとバンドソーでカット。
その後、サンディングでエンド部のカーブにぴったりと合わせます。
次にサイド材がエンド部でぴったりと合うように加工を進めます。
まず、一方のセンター部を出して・・・

ノコでカット!

同様に反対側もカットし、
このようにぴったりと左右のサイド材が合いました。
エンドブロックをサンディングしている所です。
こんな感じに成形しました。
で・・・・接着。
ヒール部分のブロックもこのように成形しました。
このようにぴったりと密着します。


 


HOME Arakawa Contents



Copyright(c) Takashi Kono. All rights reserved.