HOME Arakawa Contents NEXT



5/トップボード成形&トラスロッド

 


ライニングが接着し終わったら、このようにサンディングバーで
綺麗にならしておきます。

こんな感じですね。

はい、両側ともサンディング終了。

ライニング接着時に、はみ出た接着剤を今のうちに取り除いておきましょう。

綺麗になりました。

つぎに、サイド部分も今のうちにザックリとサンディングしておきます。

トップボードの厚み調整です。
元のトップ材は、少し厚すぎるので
図面通りの規定値に厚み調整します。

左右で微妙に厚みが違うので
この時点で均等な厚さに成形します。

厚み調整、完了!

サンディングマージンを考えて
図面通りの20mmより少し厚めに仕上げてあります。

21mmチョイですね

次はバックボードですね。
トップと同様に、カンナでザックリと厚みを減らし・・・

ドラムサンダーで厚み調整します。

綺麗になって来ました。

はい、厚み調整終了。
トップとバック、厚みはバッチリ。
あとはハンドカーブで成形していくだけです。

で、次はトラスロッドですね。
ロッドの溝を掘っていきます。
まずは、指板接着面のストレートラインを確認して・・・。

いつものβチタンのトラスロッドです。
指板接着面の延長部分を両面テープで固定し、
ルーターの進む道をつくっておきましょう。
はい、指板接着面の延長が出来ました。
おっと、溝を掘る前にヘッドの成形をしておきます。
次に、現物製図でトラスロッドの溝位置をマーキングします。
ワークテーブルにネックを固定し・・・

ここは一気に溝を!

はい、あっという間に溝が出来ました。
ロッドを収めたところですね。
上面は1.5mmほどの余裕があります。
ここにロッドのフタをしていくわけですね。
これはヘッド部分の溝を作っている所。
丸いビットでヘッド部分のロッドメンテナンス部分を拡張しています。
こんな感じですね。
フタはネックのセンター材と同材を使用します。
ま、硬い材なら何でもいいのですが、
せっかくのオリジナルなので、同じ材できれいに仕上げましょう。
フタのサイド部分を少しづつ削りながら
ぴったりと収めていきます。
このようにきつい部分に、マーキングしながら・・・
すこ〜しづつ削っていきます。
アラよっと雰囲気出して削ると、すぐに溝より狭くなってしまうので
慎重に・・・。
はい、キッチリとフタが出来ました。
これはロッドの調整部分がロッド本体より少し大きいため
メンテナンス部分を少し掘り下げているところですね。
はい、ロッド部分の成形終了。
   


 


HOME Arakawa Contents



Copyright(c) Takashi Kono. All rights reserved.