1q




HOME Arakawa Contents NEXT



8/Fホール&ピックアップホール加工

 

その後、ランダムサンダーで表麺と裏面を磨いて
ハンドカーブが一応の完成となりました。
アールの付き具合は、こんな感じ。

縦方向のアールは、こんな感じ。

次は、Fホールを開けていきましょう。
まず型紙のFホール部分をデザインナイフでカットしていきます。

裏側に厚紙で裏打ちしてあるので、
調子に乗って急いで切ると、変な方向にナイフの刃が走ってしまうので
ゆっくりと丁寧にカットしていきます。

はい、こんな感じですね。

ボディと型紙のセンターラインをしっかりと合わせ、
マーキングしていきます。

このようになるワケですね。

で、糸鋸の刃が入る大きさの穴を開けますが、
切りながらボディを回転させやすいように、
このように6箇所に穴を開けてあります。

半分づつカットしてますね。

はい、BASS側のFホールカットが完了。

と、いうことでこのようにFホールが出来ました。

続いてカット面をサンディングしていきましょう。
アール部分は、このように・・・・

メイプルの端材にサンディングペーパーを貼った
こんな道具も使ってます。

80番から初めて120〜240〜400番まで磨きました。

仕上がりの写真ですね。
つぎは、ピックアップホールを開けていく行程です。

このKentArmstrongのピックアップは、
エレベーション用のビス穴が1:2の変則なので
ピックアップの向きをを間違わないように
最初に方向を確認してマーキングしなければなりません。

はい、マーキング完了。

糸のこ盤で切り出していきます。
ほい、カット完了。

続いて、カットした部分のエッジをサンディングしていきます。
コーナー部もこんな感じで・・・・・
これでピックアップホールは、完了しました。
次はブレースですね。
まず、ボディ裏側のアーチ形状をブレース材に写し取ります。
このようになります。
バンドソーでザックリと切り出した
ブレースを置いてみたところです。
つぎにボディ裏側に80番のサンドペーパーを貼り
縦方向と横方向の3次元のカーブに合わせて削っていきます。
ちょっと写真がぼけていますね。
裏面のカーブにブレースがぴったりと合いました。
はい、ブレースのサンディングも完了です。
接着しています。
これは接着途中の写真。
接着してから10分後に、はみ出ている接着剤を落としているところです。
この後、再びクランプし約半日放置しておきます。
接着完了後、カンナで大きなアールをつけていきます。
この削り方によってタッピング音が変わってきます。
どれだけ削ればどうなる・・・と、言葉で説明するのは難しいですが
まあ、コレは経験と勘・・・と言うヤツですね。
最終的に240番でサンディングし、
ブレースの取り付けが完了しました。


 


HOME Arakawa Contents



Copyright(c) Takashi Kono. All rights reserved.