HOME Seiuchi Archtop contents  NEXT

 



14/ピックガード制作〜塗装仕上げ

 

作業も大詰めに入ってきました。
ピックガードの制作です。
ピックガードのデザインは、オーナーの好みもありますが
非常にシンプルな形状に落ち着きました。

で、ピックガード材は・・・・・
はい、ジリコテですね。
この白太の部分を上手く使えるといいのですが・・・・

あーでもない、コーでもないと型紙をいろいろ動かして
どの位置から木取りをしようか、非常に迷いました。

で、結局!
か〜なり迷いましたが、
白太の部分は使わない方向で決定しました。
この写真の位置が最終形ですね。

糸鋸できり出したあと、仕上げの成形をしているところです。

ピックアップ部分のザグリを現物製図しているところですね。

ふむふむ・・・・
いい感じじゃないですか・・・。

糸鋸でザグリ部分をカットしている所ですね。

このギターの塗装にピックガードの材質、
そしてこのピックアップのシンプルなデザインがよく似合いますね・・・。

さすがに、これだけコンパクトなボディになると
ピックガードも小さくなってしまうので、
このようにピックアップの取り付け部が飛び出てしまいました。

ま、ここは簡単にカット出来るので・・・・・
はい、このような感じで収まります。

今まで、エポキシや強力な建築用両面テープなどを使ってきましたが
いずれも時間の経過とともにピックガードから
ピックアップが外れてしまいましたので、
今回はビスでしっかりと固定することにします。

ピックアップとピックガードに穴開けが終わったら
ピックガード側の穴には、このようにビスのザグリを入れておきます。

今回使用するビスは、六角ビスの平皿タイプ。

はい、こんな感じに固定出来ました。

ちょっと見づらいですが、ピックアップ裏側ギリギリに
ビスが飛び出ています。
さ、じゃボディの最終磨きをしていきましょう。
これは2000番の耐水ペパーで、
前の段階で付いてしまったヘアラインを消しているところですね。

で、バフがけです。


バフがけが終わったら、長い間詰め込まれていた
新聞紙をFホールから取り出します。
裏側はこんな感じ。
本と、バイオリンとかチェロの仲間みたいですね・・・。

ネックも非常に渋い雰囲気に仕上がりました。

ボディ表側・・・・
非常に綺麗なボディに仕上がりましたねえ。

ヘッドもシンプル!


 


HOME Seiuchi Archtop contents



Copyright(c) Takashi Kono. All rights reserved.