HOME Seiuchi Archtop contents  NEXT

 



15/ブリッジ&ピックガード仕上げ

 

さ、次はブリッジの制作です。
使用する材は、マッカーサーエボニーですね。
もちろん、今回も2個同時に制作していきます。

まずは材の切りだし・・・。

ボディ上のブリッジ位置を割り出し、
アーチトップのアール形状をブリッジに写し取っていきます。

こんな感じですね。
右に見えるのは、白のシャープペンシル。
珍しいでしょ・・・。
とはいっても、工事現場用ですので芯はか
なり太いです。
2mmだったかな・・・・・

はい、ブリッジ下には、これくらいのアール形状がつきます。

続いて、トップ側ですね。
使用するチューンオーマチックブリッジはGOTOH製です。

ボディブリッジ位置のアール形状も確定出来たので
バンドソーでザックリとカットします。

トップ側の両左右端は、斜めに装飾的に削りますので
このようにスピンドルサンダーのアールを使って削っておきます。

こんな形状になりました。

次に、ボディのブリッジ位置のアール形状を
しっかりとブリッジ下に写し取るために・・・
ボディにサンドペーパーを貼り付け、
ブリッジ位置あたりでブリッジをゴシゴシと削っていきます。

ま、こんな写真のように、簡単には出来上がりません。
これは上の写真とこの写真の行程を何度も何度も繰り返して・・・・
やっと・・・ここまできたんですね。
チューンオーマチックブリッジを支えるための
ポストとなるビスをブリッジに取り付けます。
このようにダブルナットにして締め込んでいくわけですね。

で・・・・これは・・・・
ビスが長すぎるので、金ノコでカットしている所です。

次に・・・
これは・・・・ピックガードを磨いているところですね。
320番で磨いています。

で、その後、600〜800〜1200と磨いたところがこの写真。
ブリッジも同様の番手で磨きました。

最後の仕上げは、家具用のワックスを擦り込んでいるところです。

はい、ワックスを擦り込んで、しばらく時間を置いてから
ワックス面を乾いた布でゴシゴシ磨くと・・・
このように鈍い光沢が出てきます。
さ、じゃボディへ取り付けて行きましょう。
まず、ネック部へ長めのビスを・・・・。
あ、もちろんピックガードの裏には
ビス取り付け用のスペーサーが貼り付けてあります。

ピックガードステーですね。

このようにアクリルの塊がビスの先に取り付いており
この上面とピックガードを接着するわけですね。
今回は、建築用の強力な両面テープを使用しました。
いつもは、液のエポキシを使用するのですが
時間経過と共に、ぽろり・・と取れてしまうことが
ままありましたので、今回は、この両面テープで・・・

まあ、割としっかりと密着していますね。

じゃ、ブリッジも仕上げに入りましょう。
またまた、ダブルナットでポストを締め込んで行きます。

はい、ブリッジ完成。
ボディが小さめなので、ブリッジが大きく見えますね。

こんな感じです、

なかなかカッコいいじゃないですか・・・。



 


HOME Seiuchi Archtop contents



Copyright(c) Takashi Kono. All rights reserved.