HOME Seiuchi Archtop contents  NEXT



9/アーチボディ仕上げ&ネック加工(その1)

 

ライニングの摺り合わせをしているところです。
このようにサンディングバーでガシガシ削って
ボディトップとバックの接着面を平滑に仕上げておきます。
特に今回は、バインディングなしなので、
このトップ&バックとサイドとの接着面は、
キッチリと隙間がないように仕上げる必要がありますね。

何度もトップボード&バックボードを当てて
隙間が出ていないかを確認します。

それではトップボードを接着していきましょう。
これは11インチモデルの方ですね。

この状態で半日放置!

で、今のうちにバックボードを仕上げて・・・。
まず、トップボードット同じ要領ですが
アーチとなる境界線を現物製図して・・・・
アーチの雰囲気は、私の頭の中に入っているので
この程度のラフな製図でも問題ありません。

ノミとカンナを使って削っていきます。

エッジ部分画ある程度削れたら、
このようにモールドを当てて、ギターの形状を現物製図します。

こんな感じですね。

で・・・
トップの時と同様に(5ページ参照)セーフティプレーナーで
周囲を6mm厚くらいに削ります。

まだまだ、しっかりと削り込まなくちゃならない感じですね。

さ、気分転換。
トップボードが接着できましたので
周囲をサイドとツライチになるようトリミングします。

このような感じになります。

次はネックのテノン部(ほぞ)の加工に入ります。
ここは、高い精度がほしいので、いつも手ノコで加工しています。
0.5〜1mmほど大きめに切り出して、
それからじっくりと各部を削りながらセッティングしていきます。


約1mmほど大きめに切り出しました。

勘合部のザグリ加工も終了。

ヒールブロックの溝に合わせて、地道に削っています。
この部分だけは、焦ったらダメですね。

何度も合わせて調整していきます。
エンド部分は、このようにアールもつけて・・・・・
数時間かけて、何とかボディに収まりました。
ふ〜・・・やれやれ・・・・
ネック本体とボディのセッティングが出たら
つぎはエクステンション(継ぎ手)の加工です。
このように、大きめに切り出してあるので、
ここからネック本体と指板接着面が、
ツライチになるように加工していきます。
ベルトサンダーで指板接着面を削って・・・・
さらに、各部を微妙に調整しながら削り・・・

ここまで来ました。
もう少しですね・・・・

さらに調整して・・・・・
何とか指板接着面のストレートラインが出ました。

・・・と、いうことを2本分作業しておりました・・。
ちょっと疲れましたねえ・・・。
じゃ、ネックの仕込み調整も完了したので、バックボードを接着します。
トップの時と同様に、サンディングバーでライニング表面をならして・・・
おっと・・・その前に・・・・
メイプルと違って、トップのスプルースは繊細な材なので
防湿と共鳴を考慮して、ブレース以外の部分にシェラックを塗布しておきます。

じゃ、接着ですね・・・・。

えいやっ・・・と・・・・。
またまたこの状態で半日放置・・・。
半日経過後・・・・
このようにモールドの押さえ当て木をはずします。
と、いうのも・・・・ボディがモールドに密着して
モールドから出てこないので・・・・。
取り出したボディは、トップボードの時と同様に
周囲のはみ出ている部分をトリミングして完了です。
つぎは指板ですね。
まず、規定の寸法より1mmほど大きめにカットします。
ストレートの出ているマスキングテープに合わせて
当て木を両面テープで固定し、
トリマーでストレートラインを出します。
さらに、ネック本体の指板接着部分の両サイドを
トリミングしやすい寸法にするため
ラフカットしておきます。
こんな感じになるワケですね。
スケールに注意ながら、指板を極小釘で固定し
指板の位置を確定させます。
つまり、この指板がネックのトリミングジグになるワケですね。
トリマーでトリミングしているところ・・・。
はい、指板とネックが綺麗に揃いました。


 


HOME Seiuchi Archtop contents



Copyright(c) Takashi Kono. All rights reserved.