HOME
 T's "Jun" LesPaul Contents NEXT


16/メンテナンスホールの蓋&塗装準備

つぎは、メンテナンスキャビティの蓋制作です。
これはスイッチ部分ですね。
まずはオーナーから送られてきたスネークウッドにマーキング・・・。
ポットキャビティ部分と一緒に、バンドソーでザックリとカットします。

はい、カット終了。

で、このフタ用に制作したジグに当てながら
少しづつ削り込んで作ったジグを、スムースに通るまで成形します。

特にアール部分は慎重に・・・。

フタの成形が完了しました。
次はボディ側に、フタの落とし込み部分をザグって行くのですが
まずは、ルータービットを当てて、このジグがちゃんと機能するかどうかを確認。
はい、いいようです。

・・・ということで・・・・
ジグを両面テープで固定しました。

トリマーでトリミングしていきます。

3点トグルスイッチ部分も同様に・・・・

話は前後しますが、
これは何をしているのか・・・というと・・・
実はジグの紹介です。
このように丸(・・っぽい)ものを、
このプラスチックのジグに当てると、
ドンピシャのセンター位置が出るジグなのです。

反対側から見たところ。
この状態で、隙間が空いているストレート部分に直線をマーキングすれば、センターラインが描けます。
で、少し角度をずらして同じようにセンターラインを描けば
その交点が、この丸っぽい形状のセンターポイントというワケなんですね。
ほんと、単純な作りなのに・・・このジグ作った人は
頭いいですねえ・・・・あらためて感心しました。
これはビス位置に下穴を開けているところですね。
下穴を開けた後、ビス用のザグリを入れて・・・
はい、このようにフタの取り付けが完成です。
とはいえ・・・
まだ、フタは切り出しっぱなしなので
最終的には、表面を1200番までサンディングして
家具用ワックスで磨き上げます。
はい、こんな感じですね・・。
スイッチ部分も・・・こんな感じ。
じゃ、次はネックの接着工程に行きましょう。
まずは・・・・いつものように接着に必要な道具類を用意して、写真にはありませんが接着剤をつけずに、仮クランプをして接着前の事前トレーニングをしておきます。
この事前の予習・・・とっても大切なので皆さんも必ずやってくださいね。
とかなんとか・・・ありましたが・・・
無事、接着工程に進みました。
接着しました!・・の写真がありませんでした。
いきなり塗装工程に進んでおります。
まずはサンディングですね。
120〜240〜320 番とサンディングしてフィラーの塗布に備えます。

貝のインレイは、フィラーに染まってしまいますので
ここはキッチリとマスキング・・・・・。

さらにネックのセンター部分もフィラーは必要ないので
ここもマスキングしておきます。
キャビティ部分も同様にマスキングしておきましょう。
おっと・・・
シールドのジャック部分の穴あけがまだでした。
今のうちに開けておかなくては・・。
これはセンター出しの写真ですね。
まずは、4mmの開いた穴開けビットで貫通穴を開けておきます。

その後、21mmの大きなビットでゆっくりと貫通穴を開けます。
チップしないように気をつけて・・・・。

でフィラー塗布のためのマスキング行程。
ネックの指板部分、ボディのトップ部分も、
この写真の後完全にマスキングしちゃいます。


 


HOME  T's "Jun" LesPaul Contents

 



Copyright(c) Takashi Kono. All rights reserved.