HOME
 T's "Jun" LesPaul Contents NEXT


21/配線&ペグ取り付け

さて、最終の配線工程です。
これは、ピックアップからの線ですね。
黄色のマスキングが巻いてあるのは、
この線がフロントのピックアップという「印」です。

フロントとリアのピックアップの線を出しました。。


次は1芯シールド線の加工です。
外側の網線の一部から、中のホット線を出すのですが
このように目打ちなどの先を使って、
ヨイショッと網線の中から出して行きます。

すると、この写真のように
途中から二股に分かれたような感じになるワケですね。

スイッチポットの配線も終わりました。

音だしのチェックをしてみます。
おっ!良い感じですね。

全体の配線が終わった所です。

オーナーこだわりのパーツで配線された
コントロールポットの中です。

次に、ピックアップの位置を決めるために
ブリッジを取り付けます。

ナットに弦の溝位置をマーキングして・・・・

ナットとブリッジにスケールを渡し
弦道を確認しているところ。
ダブルナットでブリッジポストをねじ込んだところ。
クラシックタイプのブリッジ意匠ですね。

テールピースを取り付けると、こんな感じ。

はい、出来ました。

ナット溝とブリッジにたこ糸を張りました。
このたこ糸で、ピックアップのポールピース位置を
確定させます。
で、エスカッションをボディに固定していきます。
さ、話題転換。
ペグを取り付けていきましょう。
まずは、以前に開けたペグ穴が
塗装で小さくなってしまっているので
穴を開けたドリルビットをゆっくり回し
穴の縁に溜まっている塗装を削り取っていきます。

ペグをはめ込み・・・・・

表側にナットを手で回して取り付けていきます。

はお、こんな感じですね。
かっこいいです。

ボックスレンチで7〜8割くらいまで締め込みます。

ペグ位置を揃えてから、ビスの位置に目打ちでマーキングします。

ビスの長さを測りビットに印をつけて・・・
手回しのドライバーで、ゆっくり締め込んで行きます。
電動ドライバーを使うと、
ビスをなめちゃうことがありますからね。
はい、完成!

このGOTOHペグは、HAPモデルですので
ペグポストの高さを調整していきます。

まず、ペグポストのトップ部分を取ります。
次に、ペグの裏側から六角レンチで
ペグの芯棒の高さを調整します。
これが・・・・・
こーなるワケですね。
ここに先ほど抜き取ったペグのトップ部分を
ねじ込みと高さが調整出来るわけです。
これは、弦のテンションを
自分の好みに調整出来るものなんですね。
ポストのトップ部分は、最後にこのようにして締め込みます。
このように高さが変わるわけですね。
高さは、自分の好みで良いのですが、
ここでは、1弦などはナットに近いので
ある程度下げてテンションを稼出います。
3〜4弦などは、ナットから遠いので
できるだけ下げて、やはりテンションを強くしています。
で、これが完成状態。
こんな感じです。
6弦は、あまり下がっていないようですが、
それでも2巻き半くらいの高さまで下げてあります。
   


 


HOME  T's "Jun" LesPaul Contents

 



Copyright(c) Takashi Kono. All rights reserved.