HOME
 T's "Jun" LesPaul Contents NEXT


23/完成直前!

さて、ボディ裏のコントロールキャビティのシールディングを行います。銅テープですね。


このように貼り込みました。

ストークのサインを入れました。

スイッチプレートの装着、かっこいいですねえ。

で、コントロール部のフタも取り付けて完成です。

ちょっと飴色に着色されたアッシュのボディに
このスネークウッドの色や模様がよく似合いますね。

さ、つぎはピックガードですね。
まずは、型紙で位置と大きさを確認しておきます。

型紙をピックガード材に貼り込み、カットしていきます。
ちなみにピックガード材は、いろんな箇所に使用したバーズアイ。

ピックアップ位置を確認して・・・・・
いいようですね。

カットラインをサンディングで整えているところ。
これが、結構時間がかかりますね。

おっ!いい感じですね。
ピックガードの形状が確定したので、
ここから磨いて行きます。
400番〜600番〜800番〜1200番で
鈍いツヤが出るまで磨きます。
この作業は1〜2時間ほどかかりますね。

最後は、家具用のワックスでしっかりと磨き込みます。

材の色が、少し飴色傾向になりました。
鈍いツヤがいいですね。

ギターに合わせると、こんな感じですね。
じゃ、取り付けましょう。

レスポール用のピックガードステーを使って・・・

ビス位置を確定しています。

はい、ピックガードの取り付け完了。

う〜ん。かっこいいですねえ。

で、最後のチェック。

 
ちょっとさhしんが前後してしまいました。
これは、ナット作業の様子です。
ナット材を最初に磨きます。
厚みに大きく影響が出ない番手の400番まで磨きました。
ナットが無事収まりました。

この時点でフレット位置を確定します。
いつもの半割れ鉛筆ですね。

ベルトサンダーでフレット位置の上、0.6mm位置のさらに上、
1mm弱の位置まで削り込みます。
ナットの原型が完成しました。
じゃ、ここから仕上げには入ります。
はみ出ている部分をマーキングして・・・
余分な部分をジュエリーソーでカットしていきます。
さらに角の部分を滑れ面取りしていきます。
このときは80番ですね。
このあと、280番〜400番〜600番まで磨き込みます。
で、最後に800番〜1200番で最後の仕上げ。
こんな感じですね。
はい、ナットが完成しました。
ヘッドとのバランスもいいですね。
象牙のナットとは、ホント豪華です。


・・・ということで、いよいよ完成写真!
なのですが、な、な、なんと・・・・
完成写真が見つかりません。
どこに行っちゃったのか・・・・
ずっと、探しているのですが、どこに紛れ込んだのか、まったく分かりません。
でも、見つけたら、最後のページは必ず完成させますのでご安心を。
とりあえず、現時点で完成!
完成から半年以上、やっとメイキングが完成しました。
ご覧くださった、多くの皆様、
長らくお待たせしました!

 



 


HOME  T's "Jun" LesPaul Contents

 



Copyright(c) Takashi Kono. All rights reserved.