HOME
 Takenaka contents  NEXT



10/ネック&ヘッド加工


 

ネック接着が終了して、指板接着面の水平面も出ました。
次にヘッドの加工に入って行きます。

まず、最初に行うのは・・・コレ。
ヘッドの加工ジグを作る事・・・。
アクリルの薄板でテンプレートを作ってから、
ヘッドの形状にジグを作って行きます。

テンプレートからヘッドの形状をマーキングした所です。

バンドソーでラフカットしたのち、
外周のストレートやアールのラインを丁寧に修正し
ヘッドのカッティングジグが完了。

ネック側のセンターラインに合わせて
ヘッドのジグのアウトラインを、
ヘッド部分に写し取ります。

ヘッドプレートに使用するのはコレ。
ココボロですね。

白と黒のつき板を重ねて接着しますが
出来上がりはこんな感じに白黒のラインとなって
出てくるわけです。

このココボロ+白黒つき板は、
ヘッドの裏面にも貼り合わせますので
今のうちにヘッド裏面も平らに加工しておきます。

貼り合わせるココボロ材も、
今のうちに表面を仕上げておきましょう。
120番で磨いた後、220番でさらに表面を磨き
接着面を出来るだけ平滑な状態にして、
接着強度を高くしておきます。

これはフィンガーボードストップを貼っているところ。
すでに、ヘッド面と指板面には白と黒のつき板が
貼り込んであります。
ヘッドから指板接着面へと、
連続して白と黒のラインが走るというデザインですね。

フィンガーボードストップのn接着が完了したら
ヘッド側に傾斜をつけて削っていきます。

この面にヘッドプレートが接着されるわけですね。

で、指板はこのように「トン」と
フィンガーボードストップに当たれば、
そこがゼロフレット・・ということになるワケですね。
これで、ゼロフレット位置を常に気にして作業しなくても
大丈夫になりました。
スケールを計ったりするときも、
このストップ位置にスケールをコンと当ててやれば
OKですから、作業中の余計な気遣いがひとつ消滅。
気分的にも随分とラクになりますね。
先ほどのココボロのヘッドプレートはこのように・・・・。
トップ・バックとも良いようです。
ということで・・・・
一気に接着です。

接着が完了したら反吐のジグを固定して
アウトラインをマーキングしていきます。

はい、こんな感じですね。

で、マーキングラインの外側、約1mmくらいを
バンドソーでラフカットした所が・・・これ。



 


HOME  Takenaka contents



Copyright(c) Takashi Kono. All rights reserved.