HOME
 Takenaka contents  NEXT


11/ネック仕込み・トップ&バック接着

 

つぎにネックの勘合行程です。
一般的にクラシックギターは、スペイン式という方法で制作されますが、このギターはそうではありません。
しかし、スペイン式のネックからヒールブロック一体となった、あの剛性感の高いネックの仕込み方は魅力的です。
従って、このギターでは一般的なアコースティックギターのような、ダブテイルによるネック接合ではなく、ディープジョイント(とでもいうのか?)方式で、しかもボルトで締め込む方法を採用することにしました。
このように、やや深めのジョイント部分を加工して・・・。

ネック側も同様にテノン(ほぞ)を加工していきます。

この状態で、ネックからボディへのストレートラインを確認するわけですね。

このようにネック部分が少し飛び出していますが
この飛び出した部分にトップボードが乗っかるワケです。
まさにスペイン式制作風景・・・ぽい光景ですね。

トップを被せて、内側からカットラインをマーキングしている所ですね。

薄くなっているトップボードは、
カッターナイフでも加工は簡単です。
きっちりとした直線がほしいときは、
いつもカッターナイフで加工しちゃいます。

トップを納めて、ネック上面とトップボード上面がツライチになっているかどうか、最終確認しているところ。

次に、ボルト止めするための穴をヒールブロック裏側から開けていきます。
この写真は、最初のしたあなを開けているところですね。

この2本のドリルビット、右がボルトの大きさ。
左がボルトの受け金具(ビットの上に見える金具)の 径サイズのビットですね。

ヒールブロックに貫通した穴を目印に
ネックへマーキングして、ネックにボルト用の穴を開けたところ。
写真は撮り忘れてしまいました。

で・・・・
ボディ側からこのように六角ボルトで締め込むわけです。
じつは、この行程の写真が行方不明になってしまい、
この左に見える写真は、すでにトップ&バックを接着した後で、ネックの取り付けをチェックしているところです。

じゃ、バックッを接着していきましょう。

トップ&バックの接着時には、
このような内側からボディをモールドに
しっかりと固定するジグは欠かせません。
ま、おなじみの風景ですね。
この状態で12時間・・・。
すでにトップも接着してしまいました。
続いてボディサイドからはみ出ている
トップボードの端をトリマーで綺麗にします。
ベアリング付きのビットですね。

はい、無事はみ出し部分、カット終了。
ちなみにマスキングテープには2つの意味がありまして、
ひとつがベアリング傷の保護。
もう一つがマスキング1枚分外側にトップをカット擦るということ、何かの拍子でボディに傷がつくのを、極力避けるためです。

さらに続いて、バインディングのビットに交換して
バインディング溝も成型しました。

バック側も同じですね。
で、コレはパフリング用の溝をさらに切って
バインディング&パフリングの収まり具合を
確認しているところです。
さ、次々行きましょう。
通常なら上の写真の時点で、
バインディング&パフリング巻きの行程に進むのですが
今回はパフリングのラインが、このエンドブロック部のパフリングラインとつながるため、この順序の行程になるわけです。
薄刃のノコで切り込みを入れた後
ノミで削り落としていきます。
以前作った矢羽根模様のエンドブロックと
白黒のパフリングラインを仮組みしたところです。



 


HOME  Takenaka contents



Copyright(c) Takashi Kono. All rights reserved.