HOME
 Takenaka contents  NEXT


13/ヘッドのスロット加工&指板溝切り加工

 

スロッテッドヘッドの加工です。
まず以前ラフカットしたヘッド部に
テンプレートを取り付けて
トリマーでヘッドの周囲を削っていきます。

はい、あっという間ですね・・・。
この写真は、まったく必要ありませんでしたね。

次にチューナーの通る6つの穴を開けていきます。
先にスロットを開けてしまうと
サイドからのチューナーの軸穴を開けたとき
チップしてしまうので、まだスロットを開けないこの時点で
左右から軸穴を開けていくわけですね。

軸穴用のジグをセットして・・・

ヘッド位置を慎重に確かめながら
ジグを固定していきます。
もちろん、このジグはヘッドの厚みに対しても
ヘッド厚のセンター位置に来るよう調整してあります。

ドリルのビットの長さ決めも重要です。
短すぎても長すぎてもいけません。
ぴったり・・から、ほんのチョイ長め・・・
というのが正解ですかね。

すべての準備が整ったら
あとは何も考えずにひたすら穴を開けていきます。
ただ、このヘッド形状なので、
ビットの長さはすべて同じではなく
各穴位置に応じてビットの長さは可変しています。

はい、
無事、穴が開きました。

今回使用するチューナーは
ウェーバリーです。
ノブは黒檀で、非常に品のあるデザインですね。


開けた穴にチューナーを差し込んでみたところ。
いいようですね。

ボール盤を使って、太めのビットでズボズボ穴を開けました。

はい、またまたトリマーですね。
こうして写真で見ると、
ホイホイと進んでいるように見えますが、
特に精度が要求されるヘッド部なので、
ひと工程ごとに必ずダブルチェックを行い
非常に慎重に作業を進めています。

トリマーでスロットを削り終えたところですね。
では、ここで指板の加工をしていきましょう。
竹仲さんの要望は、エボニーです。
現状、約8mmほどありますので
これを6.5mmまで削っていくことにします。
ドラムサンダーで少しづつ削っていきます。

はい、6.5mmになりました。

次に、これからの作業の基準になる
ストレートエッジを作って行きます。

ストレート面が出来たら
フレットの溝を切るためのジグを指板に取り付け
テーブルソーでフレット溝を切って行きます。
これは、フレットの溝切りジグですが
すでにバージョンアップしていますね。
以前のタイプより格段に使いやすくなりました。
フレット溝も完了。
はみ出している0フレット位置を
薄刃のノコでカットしておきます。
このあと、ヤスリやペーパーでカットした断面は
綺麗に仕上げておきます。
次にエンド部分の加工ですね。

この指板は、21・22フレットが変則的になっています。

エンド部分は、とりあえずラフカットしておき
指板の左右エッジ部分のストレート面を出します。
マスキングでカットラインを確定し、
バンドソーで1mmほど外をラフカットした状態です。
トリマーでストレート面を・・・・。
その後、エンド部分のアール部もカットしました。
とりあえずネックをボディに仮組みし、
指板を乗せてみたところ。
かっこいいですね。
ヒール側から見るとこんな感じです。
こちらからの雰囲気もいいですねえ。



 


HOME  Takenaka contents



Copyright(c) Takashi Kono. All rights reserved.