HOME
 Takenaka contents  NEXT



14/ネック・
指板の調整&インレイ

 

指板の位置を確定させておきましょう。
まずネックを仮固定して、指板をゼロフレットに当てて
センターラインに合わせて指板の位置を決めます。
この写真は、センターラインに指板がセットされた状態。

ヘッド側から見るとこんな感じです。
このあと3Fと6F・12Fのフレット溝に
ピンバイスを使って1mmの穴を指板から
ネック側まで貫通させ、その穴に極小釘を差し込んで
ネックの位置を確定させました。

決定したネックの指板位置に、両面テープで指板を固定して
これからしばんのサイド面をガイドとして
ネックのサイド面をトリマーでトリミングしていきます。

ウィ〜ンですね。

ネックが指板とツライチになりました。

ヒール部分を加工していきます。

ヒールの形状は、一般的なカッタウエイ仕様ですね。

はい、
とりあえずラフカット終了。

ヒール部分の大まかな形状が出たので
ネックを作って行きます。

直線が出ているセンター部を削ってしまわないように
注意しながらネックのアール形状を作って行きます。

大まかなカタチが出来ました。

こまめに、ネックのストレートラインをチェックします。

ヘッド裏側部分はこんな感じになります。
ヒールとネックのアールが、より自然になるように
この状態から、さらに形状を追い込んでいくことになります。

とりあえず・・の、全体像の写真。
指板接着面あたりは、この写真状態では
まだまだ、かなり削り込まないといけませんね。

次に指板のエンド部分の加工です。

上の写真と同様に120番で形状を作っています。

サウンドホールと指板の位置関係は、こんな感じですね。

つぎに指板上面のアールを作ります。
この写真では15インチアールのブロックを持っていますが
15インチではちょっとアールがきついかな?
最終的には、17インチアールくらいに仕上げました。
台になるマホガニー材に両面テープで接着し、
指板上面を削っていきますが、
その前に指板のストレート面をサイドチェックしておきます。
120番でゆっくりとサイド部分を削っていきます。
もちろんこのときも、各弦の通り道部分のストレートは
こまめにチェックしながら作業を進めます。
指板のアールは、このくらいです。
基本となるアール形状が出来たら
次に220番で指板上面の仕上げに入って行きます。

220番の後、4000番で磨きとりあえず指板面の作業は終了。

ボディ、ネック、指板のバランスを見ているところです。
いい感じですね。

次は、指板のポジションインレイ・・・なのですが
竹中さんとやりとりをした結果、
指板上にはポジションはいらない・・ということになりました。
しかし、ポジションではなくデザインとして
月の満ち欠けをしばんに配置することになりました。
デザインですので、3・5・7・9・・・等の
ポジション位置は無視。
ようは「見た目」の雰囲気で、
この満ち欠けインレイを埋め込んで行くことになりました。

そしてもう一つ。
ナスカの地上絵のひとつである「コンドル」も
インレイで組み込むことになりました。
このように非常に繊細な切り出しなので
あまり曲面が強い場所には入れられません。
私の独断で、ボディ裏のヒール下に
このインレイを入れることにしました。
ご覧のように、非常に細かい一筆書きの絵を
切り出していくため、糸鋸の刃がポキポキと
折れまくりましたが、無事切り出し終了。
次は切り出したインレイ材の埋め込みですね。



 


HOME  Takenaka contents



Copyright(c) Takashi Kono. All rights reserved.