HOME
 Takenaka contents  NEXT



16/ネック仕上げ&指板接着

 

ヘッド部分の装飾は、インレイを埋めたり・・とかの
選択肢もあったのですが、竹中さんと相談の結果
穴を開けることになりました。

ココボロはチップしやすい材なので
最初にドリルを逆回転させ、
穴の輪郭の「当たり」をつけてから
掘り進めていきます。
さらに、ビットが貫通するときも
チップする場合もありますので
ヘッドの下に当て木を敷いて、
しっかりヘッドを押さえつけながら貫通させると
貫通時のチップも防げます。

次は、ヒール部分ですね。
ヒールキャップはどうしようかと悩んだのですが
ダークな色合いの材だとココボロとかぶってしまいますし
白っぽい色だと軽い感じだし・・・・
ということでバースアイのメイプル材を
黒線を挟んで取り付けることにしました。

まず、バインディングラインでヒール部分をカットします。
こんな感じですね。

接着部分を平らにして・・・

これがバーズアイ材のヒールキャップ。

黒の0.5mmつき板を挟み・・・・

ヒールキャップを接着します。

接着後、少し大きめに切り出したヒールキャップ材を
ネックのヒールエンド部分とツライチにします。
特にボディに当たる面は、かなり慎重に作業します。

ネックとボディのバランスを見てみます。
いい感じですね。

裏から見たところ。

ネックを仮固定して、ネックとボディの段差を調整します。
いずれにせよ、ネックを正式に接着したあとに
もう一度この部分は、しっかりと均さないと行けないので
この段階では、比較的ラフでOK。

ヒールキャップもついたので、
全体を磨いておきましょう、
これは220番で磨いているところですね。

はい、ヒールキャップ完成。

ではネックを仮固定したついでに・・・・。
指板接着用のストレート面を出しておきましょう。
小さな隙間も気をつけて均していきます。

指板が乗っかると・・・・
こんな感じになるわけですね。

じゃ、指板を接着していきましょう。

仮圧着して約10分・・・・
この状態で待ちます。
5分タイマーが見えますね。
黄色い四角の5の数字がついたのがそうです。
実はこれ、キッチンタイマーなんですよ・・・。

10分経過したところで、
はみ出している接着剤を取り除きます。
少しだけ硬化が進んでいるので
(といっても柔らかいですが・・・)
ノミなどで簡単に、しかもきれいに取り除けます。
で、その後・・・・
ガッチリとクランピング。
このときは翌日までこの状態でした。
しっかりクランプしたあとにも
接着剤がはみ出てきますので、
完全硬化後に接着剤を取り除きます。
このときは、接着剤がカチカチに固まっているので
ネックを傷つけないように気をつけます。
指板とネックの接着部は、
ほんのわずかな段差が残っている部分もありますので
この時点でスクレーパーを使って段差を取り去ります。

で・・・・またまた、磨き・・・。

ん〜、あまり意味のない写真でしたねえ。

さて・・・・
今のうちに、サイドマーカーを入れておきましょう。
1.5mmのドリルで、約3mmほど穴を開けて・・・
白のマーカーを埋め込みました。
はみ出た部分は、このようにカッターナイフで切り取ります。その後、ペーパーで均していくわけですね。



 


HOME  Takenaka contents



Copyright(c) Takashi Kono. All rights reserved.