HOME
 Takenaka contents  NEXT



20/ブリッジ仕上げ&塗装(その1)

 

ブリッジの制作が完了したので
次はブリッジの取り付け位置の決定です。
まず、スケール650mmのジグをネックに固定して・・・

このジグのエンド部分がサドル前面にピタッと合えば
スケール出しの完了。
簡単ですね・・・。
もちろんこのジグは、ブリッジ部分のセンター出しも
出来るようになっていますので、
スケール長&センター位置を同時に確定できます。

ブリッジ位置が決まったら、今のうちにブリッジを固定する
「当たり」を作っておきます。
駒飾りを接着する下の部分。
ここに丸棒による位置だしの当たりを作ります。

はい、こんな感じですね。
これでボディ塗装後の、ブリッジ接着時にも
位置がぶれることがありません。
なんせ、このような変則的なブリッジ形状なので
塗装後にセンターラインに対しての水平・垂直の
正確な位置出しは、きわめて困難なんですよね。

さ、塗装準備の儀式ですね。
サウンドホールに新聞紙を丸めて詰め込んでいきます。

詰め込むのは・・・はい、ここも。
エンドピンジャックの穴は、
結構大きいので、しっかりマスキングしておかないと
大量の塗料がボディ内部に入ってしまいます。
さらには穴の周りにクリアの層が出来て
仕上げ行程で、ガリガリ削らなくてはいけないので
その予防もかねて・・・・
ペーパータオルを突っ込んでいきます。
鼻血のティッシュみたい・・ですね。

塗装準備、第1弾。
シェラックのすり込みですね。
この行程を2回繰り返しました。

バックも同様に・・・。

トップもシェラックを1回擦り込んで
乾燥後に、ブリッジ用のマスキングを作っておきます。
通常のアコースティックギターならば
最終的にクリア塗装もバフがけも済んだ時点で、ブリッジを置いて、そこでスケールを計りながらブリッジ位置を決めます。で、そのブリッジ形状をマスキングし、その部分のクリア塗装を、剥離剤とかを使用しながらノミなどで剥がしていくわけなんですが・・・。
ご覧のように、剝離作業が出来るようなブリッジ形状じゃありませんので、マスキングしてクリア塗装を防ぐしか手がないわけなんですね。

で、マスキング完了。
こんな感じですね。

シェラック塗布も落ち着きました。

ネックの塗装に入ります。
ココボロのバック&サイドに対して
メイプルネックは、若干軽い印象になりますので
ココボロのダークなアンバーカラーに合わせて
着色することにします。

様々なブラウン系や赤系・・・
イエロー・オレンジ・ブラック・ブルー等々を
配合しながら調合したカラーです。
着色は、アーチトップギターのサンバースト塗装などで
よく見受けられるネックのように着色しました。

ヘッド部分・・・。

ボディラインとネックとのつながりは
こんな感じになっています。
自然な感じでボディからネックに色が流れています。


着色後・・・
ステインの定着を考慮して、クリアをボディ全体に吹いておきます。この状態で24時間。

クリアが硬化したら、400番で全体をサンディングです。
片栗粉のような細かい粉が・・・・・
これから、しばらくの間この行程の繰り返しになります。
いやあ・・・いつもの事ながら・・・・たいへん。

ボディバックも、クリアを吹き終わった時点ではこんな感じですね。
で・・・
全体をサンディングし終えたところです。
2枚上の写真と比べると 、少し白っぽくなっていますね。

ブリッジ部分はこんな感じ。

ヘッドも白っぽく・・・・
ヘッド裏ですね。
全体が、このようにしろ白・・・した状態で
次はサンディングシーラーをボディ全体に吹き付けます。
サンディングシーラーを吹いたところ。
ここからは、ひたすらこの行程の繰り返しですので
写真は少なくなると思いますが・・・。



 


HOME  Takenaka contents



Copyright(c) Takashi Kono. All rights reserved.