HOME
 Takenaka contents  NEXT


22/ピックアップ&ナット

 

ボディ全体を磨き終え、
ピエゾピックアップの取り付けです。
使用するピックアップは、アンダーサドルタイプの
Fishman Matrix Infinity Systemです。

これがアンダーサドルのピエゾ部。

ブリッジのサドル溝の穴からボディ内にラインを通したところ。で、この線の先を・・・・

エンドピンジャック部と一体化しているプリアンプ部に接続し・・・

トーン&ボリューム部とつなげて・・・
音だしチェック・・・。
はい、問題ありませんでした。

加工したシールド線をエンドピンジャックの穴に突っ込んで
Fishman Matrix Infinity Systemのエンドピンジャックに差し込み・・・・

ズルズル引っ張ると・・・・
はい、このようにエンドピンジャックの金具部分が
無事、外に出てきました。

六角ナットでエンドピンジャックを固定し、
レンチでナットを締め込んで行きます。

サウンドホールBASS側に、V&Tの操作部を両面テープでしっかりと固定して・・・。

真上から覗くとこんな感じですね。
少しだけノブ部分が飛び出ている感じです。

次にナットの、基準高さを決める作業です。
まず、いろんな端材を組み合わせて
厚み4mmの調整ジグをつくりました。

で、これを12Fの上に置き、
さらに、1Fは高さ1.5mmの高さになるように
スケールなどを置いて調整しておきます。

スケールを当てて、サドル部の位置を確認。
つまり1F/1.5mm、12F/4mmの高さに弦が通った場合、
どの位置にサドルがくるか・・・を検証したわけですね。
もちろん、最終的には12F/4mmではありませんが
削り込む前の余裕のマージンを取った位置が
4mmの高さと言うわけです。

サドルの4mm位置にマーキングし
ベルトサンダーでザックリと削っておきます。

ここから微妙に調節しながら
弦高を決めて行くことにします。

一応、目標としているのは、1弦12Fが3.2mm・・・・

6弦12Fが3.5mmという
仕様で進めることにします。

最終調整の前に、ナットも準備しておかなくちゃいけませんね。まず、薄刃のノコで溝位置に軽く切り込みを入れておきます。

使用する弦は、定番中の定番。
オーガスチンの黒です。
正直、どの弦がベストなのか、
私にはそこまでの知識がありませんので
とりあえずオーガスチン・黒。
後は、竹中さんのお好みでチョイスしていただく・・ということにしましょう。
ボーンナットと同時に、エボニーナットも作りました。
当初は、このエボニーナットのみだったのですが
竹中さんの要望でボーンナットもあった方が良い・・ということで2つ用意しました。
さ、いよいよ次ページは最終回です。



 


HOME  Takenaka contents



Copyright(c) Takashi Kono. All rights reserved.