HOME
 Takenaka contents  NEXT


3/ブックマッチ&ヒール・エンドブロック

 

はい、トップ材のシダーもブックマッチ接着が完了。

写真が小さいので、ちょっと見づらいですかね?
なんせ、サーバーの容量がかなりやばいので
写真の掲載もエコモードに入っています。
すでに900MBくらいになってまして、
これから、昔のメイキング記事を削除していこうかなあ・・
なんて考えてる今日この頃です。

じゃ、ついでにバックも・・・。
凄い杢ですね、このココボロは・・・。

微妙な隙間を、垂直が出ている木片で
ゆっくりと擦り合わせていきます。

はい、完全に隙間がなくなりました。
このギターは、ココボロの杢を際立たせるという意味で
他の装飾を廃して、出来るだけシンプルな感じに仕上げます。
従ってバックセンター材もありません。

じゃ、接着しちゃいましょう。

トップの時と同じ要領ですね。
あまり強く締め込む必要はありません。
クランプを軽く締め込んだ状態で、
接着剤の完全硬化を待ちます。

ホントは、上の写真のあとサイド材と
ブロックの作業をしていたのですが、
流れの都合上、接着完了後にメイキングします。

それにしても凄い杢ですねえ・・・・。

ドラムサンダーの粗いペーパー傷が残っているので
120番でペーパー傷を綺麗にしていきます。

ある程度、綺麗になったらスクレーパーでも・・・。
コレでかなりデコボコがなくなりました。

さ、サイド材ですね。
こんな感じになっています。

かなり高温で強めにベンディングしたので
あちこちに焦げ跡がありますね。
エンド部分の合わせ目を綺麗にしていきましょう。
サイドの半分をしっかりとモールドに固定して、
エンドのセンター位置をマーキングします。
で、コレをノコでカットするワケですね。
ガッチリとクランプで固定して
カットする材が動かないようにして
慎重にノコの刃を入れます。
カット下部分は、ストレートの出た木片で
しっかりと直角に・・・・。
両側のサイド材のカットが終わった所。
で、コレはエンドブロックのための
寸法を出しているところですね。
寸法がでたら、センターラインをマーキングして
バンドソーでカットします。
カットし終わったエンドブロックの木片は、
このようにモールドにあてがい、
エンド部分のアールを写し取っていきます。
こんな感じですね。
このアールになった形状に仕上げるわけです。
ベルトサンダーでゆっくりと・・・。
はい、こんな感じになりました。
じゃ、エンドブロックの接着です。
接着剤がはみ出しても大丈夫なように
モールドとサイド材の間には、
ラックスペーパーを敷いてあります。
はい、グイッ!と接着。
次はヒールブロックですね。
ヒール部分は、今回、ディープジョイントにするため
やや奥に深めのブロックにしました。
こんな感じに接着されます。
で、またもや接着準備。
すでにエンドブロックの接着は完了しています。
はい、グイッと接着。
はみ出ているボンドを取り去っているところです。
カッタウエイのギターは
このように前後・左右にしっかりと固定した状態で
接着しなければいけません。
きちんと直角を出しておかないと、
ネックとの合わせ時に
センターでまっすぐにならないですからね。
はい、この状態で本日の作業は終了。
おっ?
奥の方にバック材のブックマッチが・・・・
このサイドの作業と同時進行で進んでおりました。


 


HOME  Takenaka contents



Copyright(c) Takashi Kono. All rights reserved.