HOME
 Takenaka contents  NEXT


5/バックボードのブレイシング


 

さて、バック材にブレイスを取り付ける行程です。
杢目などを考慮して、どの部分を使用すれば
ベストなのか・・・を悩みながら決めて行きます。
あ、ちなみに・・・・・
この写真は間違いですね。
型紙が反対になっています。
カッタウエイ部分は、この場合、左側に来なけりゃいけません。
ドタバタと作業していると、ホント、こんなイージーなミスも
見過ごしてしまいますので、気をつけなきゃね。

はい、バンドソーで切り出しました。
で、この切り出したバック材が乗っている台が
以前制作した、16feetのアールをつけた
バックボード用のジグです。
詳しくはこちらを→→
このジグでバックボードに、アールをつけながら
ブレイスを加工していくわけですね。
古典的なクラシックギターと違って、
今回のギターは、カッタウエイもあり
モダンなスタイルを前提とした、
ナイロン弦のアコースティックギターですので
バックボードもこのようにアールをつけた仕様として
音のボリューム(音圧)を上げたいと思います。

はい、スプルースで切り出したブレイス材。
コレもクラシックのギターであれば、
マホガニーなどの材が使われることもあったようですが
今回は、モダンナイロン弦のアコースティックということもあり
あえてスプルースを使用したいと思います。
素早い応答性・・を期待しているのですが・・・。

切り出したスプルース材にカンナをかけていきます。

はい、こんな感じになりました。

次に、このブレイス材を納めるために
センターのバックジョイント材をカットしていきます。
ま、カッターナイフで簡単にカットできますね。

カッターで切り込みを入れたら
ブレイス材が収まる部分を、
ノミでじわじわとカットしていきます。

同じような作業を繰り返して・・・・
ブレイスがぴったりとはまりました。

次に、このブレイス材の接着面に
16feetのアールをつけていくことにします。
先ほどのジグに、80番のペーパーを貼り付け
このようにゴシゴシ・・・と、小刻みに前後に動かして
アールをブレイスに写し取っていきます。

はい、このようなアールですね。
16feetというのは・・・。

アールが出来たブレースにスケールを当ててみると・・・
このくらい左右に隙間が出来るわけです。

じゃ、ブレースを接着する前にセンターの
ジョイント材をペーパーで仕上げておきましょう。
最終的には220番まで磨いています。
さらにもう一度、ジョイント材の左右にはみ出ている接着剤を
取り去っておきます。
ブレイスの接着です。
ジグの上で、アールの状態を保ちながら
接着していくわけですね。
はみ出ている接着剤は、今のうちに・・・・
拭き取っておきましょう。
はい、この状態で半日・・・・。
翌日です。
ブレイスのトップ部分のアールを作って行きます。
豆カンナで削ったのち、120番のペーパーで
全体を仕上げています。
断面は、こんな感じですね。

はみ出ている接着剤を綺麗に掃除しています。

ついでに、バックボードの表面を
220番でザーッと磨いておきます。



 


HOME  Takenaka contents



Copyright(c) Takashi Kono. All rights reserved.