HOME
 Takenaka contents  NEXT



9/トップ&バック接着前準備、ネック接着


 

バックのブレース、スキャロップをつけました。

サイドにバックボードを乗せて
クランプで軽く固定し、
ブレースの位置をこの状態でサイド部分に
マーキングしておきます。

マーキングした位置の左右をスケールで結び、
カットラインの印をつけます。

2枚上の写真の時に、
ブレースのカット位置もマーキングしておいたので、
その部分もここでカットしておきます。

ピラニアソーでじわりじわりとカット。

はみ出た部分は、ノミで取り去っておきましょう。

他のブレースのエンド部分も
すべてこのように加工します。

つぎは、サイド側の方ですね。
先ほどマーキングした位置のライニングを
カットしていきます。

ノコで切り込みを入れたあと、
マイクロチゼルでサイド板を残しながら
ライニングをカットしていきます。

はい、このバックジョイント材も
ヒールブロックのサイズに合わせてカットしておきます。

はい、コレがバックボードが
サイド材にキッチリ収まったところ。

トップボードもバックと同様に
サイドにぴったり収まるように加工していきます。
まずは位置決めの指針となるように
トップボードのエンド部を寸法通りにカットしておきます。

こんな感じになるわけですね。
この状態が基本形ですね。
で、センター位置をしっかりと出したあと、
このようにバックボードと同様に、
ブレイスの位置をマーキングしておきます。
同じ行程ですね。
ブレースのはみ出ている部分を、ノミでカットして・・・。
さらにサイド材のライニング部を
ブレースがはまるように加工しておきます。

コレで、トップボードもキッチリと収まりました。
じゃ・・・接着・・・?
いやいや、トップ&バックボードの接着の前に
まだやることが残ってました。

はい、加工済みのトップ&バック&サイドです。

コレはバックボードの端材ですね。
コレでボディエンド部分の装飾を作って行こうと思います。
以前から、私がよく作っている「矢羽根」模様の
エンド部の装飾材ですね。

先ほどの端材から切り出した長方形の材を
真ん中で斜めにカットして 、
このように接着面のストレートラインを作っておきます。

その2枚を、写真のようにブックマッチ状態で接着すれば、
エンド部の装飾板の出来上がりですね。
さ、つぎはネックの制作です。
バーズアイの材から切り出したサイド部分の材を
サンディングバーでザッと綺麗にしておきます。
で、中心部分のブビンガ材と
その左右に黒のラインとなる、薄めのベニア材をカット。
5ピースネックですね。
このギターは、ナイロン弦なのでトラスろーっどは入りませんが
なにせオーナーは、竹中俊二さんなので
かなりヘビーな使用が予想されます。
従ってロッド名なくても、センターに別素材の材、
しかも、そこそこに堅い材をラミネートさせて
ネックの剛性を上げたいという理由から
あえてクラシックスタイルのネック手法ではなく
このようなラミネートネックにしました。
かんりキッチリと、材を切り出していますので
1まいづつ、慎重にずれないよう時間をかけて接着していきます。
とりあえずは、仮クランプ状態で・・・・。
接着した材同士が、動かなくなるまですこし待ちましょう。

10分ほど経過したら
本格的にクランプをしていきます。
この状態で24時間放置。

翌日、カンナ盤で指板接着面やヘッドプレート部を
きれいに均しました。



 


HOME  Takenaka contents



Copyright(c) Takashi Kono. All rights reserved.