HOME
  Daijiro's Rhapsody Blue CONTENTS   NEXT



20/テールピース仕上げ


テールピースの裏側の加工に進みます。
ストークのオリジナルテールピース金具の形状を
テールピース現物に直接製図しました。
コレをドレメルで約2mmほどザグっていくわけです。

で、その前に・・・・
弦アース配線用の穴を開けておきました。

裏側から見ると、こうなるわけです。
ここに配線材が出てきて、弦アースを取るワケなんですね。

で・・・・・
ドレメルでテールピース金具の取付形状にザグリました。

テールピースをはめ込んで見ると・・・
おっ!イイ感じですね。

次は、表側の真鍮プレートによる
弦受けのプレートを作ります。
この手に持ているのは、コピー用紙の型紙ですね。

1mmの真鍮板を切り出します。


カットはジュエリーソーで。
使用している刃は、バローベの♯3番。
木材なら♯2番でもいいのですが
貝素材や金属なら♯3〜♯4番くらいの
目が細かい刃を使った方がきれいに仕上がりますね。

で、切り出した真鍮板は、
テールピースの微妙なアールに合わせて成形していきます。
もちろん1mm厚の真鍮板は、手などで曲げる事は難しいので
この写真のように、丸い金属の棒に合わせて、
トントンと変形させていきます。
ま、よーするに板金作業・・・状態ですね。

すこし時間がかかりましたが
このようにテールピースの形状にぴったり収まりました。

で・・・・
先に開けた穴位置を真鍮板に反映させるために
エイヤッ・・とチカラワザ!
ドリルのビットでグイと押し当て
穴位置の「アタリ」をつけておきます。

その後、平たい板の上で真鍮板に弦穴を貫通させ、
最終的には、この写真のようにテールピースの穴位置と
自然に通じるように調整をしておきます。

で、次は、弦アースの配線ですね。
まずは、先に開けた配線無いの位置に
アース線をハンダづけし・・・

はみ出ているハンダを、きれいにサンディング・・・

このような状態になりました。
しかし真鍮板の表面は、まだまだ傷だらけで
きれいではありませんので、この後、さらに磨いて行きますが・・・・その前に・・・

ハンダづけした真鍮板は、
こんな感じでテールピースに収まるワケです。
弦アースのラインもまったく見えませんね。

で、裏側です。
このように皮膜を剥いたアース線を
テールピース金具の下にとぐろを巻かせて配置します。

おっと・・・・
真鍮板の最終的な磨きを終えました。
この部分は、オーナーやその他の人に
一番よく見られる部分ですので、
しっかりと念入りに磨かなくてはいけません。
まずは、400番〜600番のペーパーで、
大きなヘアラインをきれいにしていきます。

その後、800番〜、1200番〜、さらに1500番・2000番と
磨きを重ねて・・・・・・

最終的に微細仕上げのコンパウンドで磨いて、
この真鍮製・弦受け板の制作は終了です。

最終的なパーツの組み合わせ前に、
もう一度、テールピース全体を磨いておきましょう。
写真に見えるスポンジペーパーは、1200番相当ですね。
家具用のワックスを塗り込んだところ。
鈍い輝きが、何とも言えずオトナの雰囲気!

おっと、忘れるところでした。
真鍮製の金属パーツは、コンパウンドで磨いた後
そのままにしておくと、経年の酸化で汚くなりますので
この時点でメタルプライマーを吹き付けておきます。
これで、ある程度の時間、輝きを維持できると思います。

さ、最終的な各パーツの組み込みです。
テールピース金具のビス穴に、
ポンチでマーキングしました。
はい、こんな感じ。
ビスをしっかり締め込んで、
アース線も黒テープで押さえておきました。
自分で言うのもなんですが・・・・

きれいですね・・・。
しみじみ・・・。
 


 




HOME  Daijiro's Rhapsody Blue CONTENTS



Copyright(c) Takashi Kono. All rights reserved.