HOME
  Daijiro's Rhapsody Blue CONTENTS   NEXT




22/完成直前、最後の調整



はい、ボディの磨きが終わりました。
じゃ、最後の最後・・・・配線ですね。
コレは、Fishmanのエンドピンジャック。
オーナーから特に指定の無い場合は、
このFishmanがストークの定番となります。

配線の準備・・・・
各パーツを準備して・・・・

まず、エンドピンジャックを取り付けます。
とはいっても、この時点では仮組なんですが・・・。
シールドの「ジグ」をボディのおしりから差し込み
エンドピンジャックに繋げます。

シールドのジグをそのまま、ズルズルと引き出して・・・
ナットを締め込んで・・・・OKですね。

で・・・
一旦エンドピンジャックを取り去って、
弦アースの配線準備をします。
ポットのアースにつなぐアース線用の穴を
開けておきましょう。

はい、こんな感じにボディの外に出るわけです

じゃ、テールピース金具を合わせてから、
もう一度エンドピンジャックを取り付けます。
この写真では、エンドピンジャックのナットも
すでに取り付け完了しています。

つぎは、テールピース金具を取り付けます。

たこ糸を張って、ナットからブリッジ〜テールピースに至る弦道の通りを確認します。

ナット側はこんな感じね。

次に・・・・
ピックガードの最終組み立て。
まず、前にマーキングしておいた、
ピックアップの切り欠き部分をジュエリーソーでカット。

ネックに合わせてみましょう・・・。
おっ!いいようですね。
・・な〜んちゃって・・・・
実はこの写真、何度も切り欠き部分を微調整し
やっと合った後の写真でした。

ヘッド側から見た所。
ん?
まだ、ピックアップの角度が弦に対して
水平じゃないですね。
この後、ピックガードをボディに取り付ける部分の
角度を微妙に削って修正しました。
ここらアタリが、実に悩ましい作業でした。
あまり削りすぎると、ポットがボディに当たってしまうし・・・

ということで・・・
ポット類のハードウエアを、配線していきましょう。
まず、ピックガードにポットとミニスイッチの穴を開けました。

実は、このピックアップ、
オーナーのこだわりでKentArmstrongにオーダーされたものなんです。しかも7kΩと11kΩの可変タイプ。
・・・ということで・・のミニスイッチとなりました。
7kΩはDearmondのRhythm Cheifの音を狙っていて、11kΩの方はオールドGibsonのシングルPUの雰囲気を狙っている・・との事です。

はい、シールド線以外の配線が出来ました。
ま、シンプルな1V・1Tの配線ですね。
ところで、このピックアップの取付はなんと両面テープです。
以前、同じような状況で、2液のエポキシで取り付けたところ
少し時間が経過した時点で、ぽろりと外れてしまいました。
で、今回は、建築用の「超」強力な両面テープでピックアップを固定しました。ちなみにこの両面テープ、注意書きに「このテープは、接着後、剝離することを前提にしておりませんので接着する際は、十分にご注意ください」・・と、クレジットがありました。ま、両面テープですから、万が一剥がれてもすぐに補修できる・・という強みもありますしね。
(補足/2015.7.27記、この両面テープは結局ダメでした。オーナーから報告があり、エポキシで再接着していただきました)

表から見るとこんな感じですね。

取付前に・・・・音出しチェック。
問題ありませんでした。

最終的にシールドのラインを配線し、
アース線もポットに落としました。
あ、アレサンドロのポットは、通常のポットのように
背面にアースを落とすのではなく、ポットのサイドにアースを落としていきます。
もちろんコンデンサーも、オーナーのこだわりチョイス。

ハンダも、オーナーから送っていただきました。
古いケスターのハンダです。
もちろんストークには、このような貴重なハンダはストックしておりませんので、次にオーダーされる皆さん、お間違えなく。(オーナーから送られてきた配線材等は、すべて完成後お返ししましたので、もうありません・・・なはは)

さ、最終的なペグの取付です。
前のページのペグ取付写真より、
ぐんと華やかになってますね。

表面ですね。
おっと、トラスろっどの調整窓のフタも作らなくっちゃ。
使用しているのは、縞黒檀です。
切り出した後、表面やエッジ部分を磨いて・・・・
120〜220〜400〜800〜1200番でサンディングした後、
家具用のワックスで磨きました。
ナットです。
一番下の線は、フレットの位置のライン。
2番目のラインは、フレットから0.8mm上のライン。
3番目、一番上のラインはナットのカットラインです。
そのラインを目安に、
ベルトサンダーで削っているところ。
ナットを直接手で持って作業すると、
かなり危険なのでナットに両面テープを貼り、
このような持ち手の端材を取り付けて作業しています。
はい、弦溝を切る前のナットが完成しました。
もちろん、ネックの左右に飛び出している部分も
しっかりとサンディングして、ツライチにしていきます。
この写真時点では、まだ、左右が少し飛び出してますね。
弦道をマーキングした後、
最初に薄刃のノコで切り込みを入れます。
ノコで切り込みを入れた溝に、
ナット用のヤスリで溝を切っていきます。
・・と、ここで注意。
4〜6弦などは、ナットファイルの幅が広いので
薄刃ノコの溝では、ガイドになりにくいです。
と、いうことで
先に2〜3弦用のナットファイルで、
4〜6弦のノコ溝に、軽く溝をいれ、
その後、太いナットファイルを使用すると
弦位置がずれることもなく、きれいにナット溝が切れますよ。
おっ!
ダダリオの.011フラットワウンドです。
一応、このナットは.012までの弦が
張れる溝を切ってありますが、
もしオーナーがウエスのようにもっと太いゲージを・・
ということであれば、このギター、送っていただければ、
ナット溝を調整します。
やあやあ・・・完成しました。
次のページで、完成写真のお披露目です。


 




HOME  Daijiro's Rhapsody Blue CONTENTS



Copyright(c) Takashi Kono. All rights reserved.