HOME  Electoric CONTENTS  NEXT  


12/ボディバインディング



さて次の行程に入ります。 こんどはボディのバインディングを巻いていきましょう。バインディングはご存じの方も多いように、ボディの周囲をぐるりと取り囲むプラスチック(セルロイド)製の装飾材です。昔は黒檀やメイプル等々の木材を使用していましたが、セルロイドやプラスチックの普及に伴い、一般的なギターのバインディングは、ほとんどこれになりました。もちろん高額な手工ギターなどには、いまでも木材が使われることも良くありますね。
しかし!そのまえに(またか・・・)
ボディの裏面にアールをつけていきましょう。
裏もバインディングを巻こうか迷ったのですが、結局ソリッドギターらしく、裏面はレスポール風にすることになりました。
以前は、ルータではなくヤスリをも右手に持ち、ビールを左手に持ち・・・・うそうそ、ちゃんと両手で持ってやってました。・・・が、このルーターで作業するようになってから、作業スピードが飛躍的に向上!
しかも均一なアール面がとれますし、唯一の難点は、音がやかましく、辺り一面木くずだらけになること。うーん、できれば静かで、早くて、きれいに、しかも掃除もせず・・・・なんて言ってる人は、ギターなんて作るの、やめなさいっ! (神の声)
はい、このようにきれいに出来ました。
満足満足、よーし!祝杯だー!

(1日に、4回、祝杯をあげた記録を持っています)
左の写真は、黄色い(実際には、濃いめのクリーム色、濃いめのアイボリー・・・かな)帯状のものが層です。そして黒と白のラインは、このバインディングも縦位置に装飾する追加のモノです。
これが拡大写真。 これをどのように組み合わせるのかと言うと、バインディング縦位置の厚みの部分(ココでは、バインディングの厚み、つまり0.06インチの厚み、約1.5mmの厚み)に黒いラインを入れていこうとしているところです。まあ、言葉で説明するより写真を見た方が早いので、次に進みましょう。
まずこのような接着ジグを用意します。
もちろんこんなジグが無くても出来ますが、あればあったで、作業効率がよいので、以前購入しました。
ここにバインディング(大)と黒の薄くて幅の狭い(幅約1.5mm)パフリング材、そしてバインディングと同色の、同じく幅1.5mmのパフリング材を接着していきます。
このように接着剤をつけながら、少しづつ1.5mm幅の部分に接着します。 う〜ん、良く解らないかもしれませんねえ。 つまりこういう(左下)仕上がりになるのですね。 アーチトップなどには、こういった黒いラインが入ったバインディングが、よく使われます。この黒いラインが2本だったりするのものもあります。
(クラシックギターなどにも、こういた装飾が施される物もよく見かけます)
今回は、ボディの上面のみにバインディングを巻きますので、1本しか作りませんでしたが、ボディ自体のアウトラインが大きい(つまりボディの外周が長くなるアーチトップなどは、このパターンをトップ面で2本、裏面で2本、計4本を作らなくてはなりません。 バインディングの下ごしらえが出来たので、ボディにバインディングがはまる溝を切っていきましょう。
左下の写真のように、専用のルータージグを取り付けてボディ 周囲を削っていきます。いっきに削る写真になってし まいましたが、この削る行程までに、バインディングの高さ・幅などを微妙に調節して、他の端材で試しを何度もして、寸法的にOKになり始めて、この行程に入ってこれるわけです。しかも、バインディングの内側にはパフリングも入る溝が、つまり2段階に分けて溝を切っていくわけですね。

前ページの説明で、これが1重目のバインディングのための溝を切ったところ。
そしてこの写真が、2段目、パフリングが入る溝が切り終えて、細かな部分をカッターで微調整を行っているところです。
これは溝の部分のささくれや、めくれをペーパーでならしているところですね。
さ、いよいよバインディングを巻いていきましょう。ここでは3本の材を使います。
左の写真の、私の手の中にある一番右端の黄色っぽいモノがバインディング、その左は白-黒-白の3重になっているパフリング。
一番左端が、黒-白-黒の同じく3重になっているパフリングです。
この写真でぐにゃりと曲げているのは、カッタウエイ部分は、このくらい曲げなきゃあかんなあ・・・・と思案しているところです。
これが巻きはじめです。カッタウエイ部分からですね。このようにイッキに3本巻いていきます。この巻き方は人それぞれ、私もこうしてイッキに3本まとめて巻いたり、パフリングを先に巻き、接着剤が乾いてから後でバインディングをまいたり・・・と、
その時の状況や巻き数などにより、巻き方は変えています。
カッタウエイ部分を巻終わり、腰の部分にさしかかっているところです。腰の部分は浮き上がろうとする力が強いため、このように軽くクランプで押さえながら進めています。
(いつもこうではありませんが、たまたまクランプがかかるネックのポケットがあったため)

同じような写真が続くので、割愛して、イッキに巻き終わったところです。こうしてマスキングテープで留めますが、通常のマスキングでは、力を入れて引っ張ると、バインディングのエッジ部分で切れてしまいますので、テープを一旦テープカッターから引き出しカット、で、そのカットしたマスキングをテープカッターに残っている部分に重ねてさらに引き出します。
こうすることにより、切りだしたテープの中央部分が2重になり切れにくくなります。結構力を入れて、ぐいと引っ張り接着してもなかなか切れません。
で、これが乾いた所ですね。
このようにボディの上に接着したバインディングやパフリングがはみ出ているので(左下写真)、これをきれいにボディとツライチにしていかなければなりません。
 
はみ出し部分を削り取るのは、スクレーパーを使います。スクレーパーは、タダの金属の板ですが、このエッジ部分にヤスリで目を立て、バリを作って、そのバリでこうしたバインディングや木材を削っていくモノです。まあ、いわゆるカンナの原型ですね。
このスクレーパーの歴史はずいぶんと古いようです。私は、その歴史的な背景などは詳しく知りませんが、相当古いと聞いております。 ギターを作る人間は(プロでもアマでも)大抵、1セットは持っている代物ですね。(特に箱モノを作る方々は必需品でしょう)
1時間ほどでこのようにきれいにツライチになりました。 まだこの先ペーパーをかけたり、細かい部分の修正をしたりと、やるべき事はたくさんありますが、とりあえずバインディングの作業は、完了です。

オツカレサマでした。パチパチパチパチ・ ・・・・・・・・・・・・・・と、河野は ここでフェードアウトし、1階に降りてビールを飲みに行くので、あ・・り・・ま・・・し・・・た。
 

Copyright(c) Takashi Kono. All rights reserved.