HOME  Electoric CONTENTS  NEXT  


13/ポットポケットの製作



バインディングが完成しましたので、今度は、ポットやスイッチが入るポットポケット(と呼んでいるのはコウノだけでしょうか?)を作っていきます。
まず最初に、コンピュータで製図したポットポケット部分を出力して、ハサミで切り出します。
その切りだした製図を裏返しにして、前にザグったポットポケットにあてがいます。
各ポットやスイッチ部分の穴を開ける位置に、目打ちでマーキングをし・・・・・
3mmのドリルビットで穴を開けていきます。
ドリルの先に見えているのは、簡易垂直穴開けジグですね。 この後、写真にはありませんがポット用の穴、スイッチ用の穴、ミニスイッチ用の穴を、それぞれの径に合わせた大きさで開けておきます。
次に、シールドジャック用の穴を開けていきます。
同じように3mmの穴を開けて・・・・・
(穴が2つ見えますが、写真で開けている穴の、上の穴は間違えて、途中まで開けた穴。ま、でっかい穴をこの開けていくので、間違いの穴は消えて無くなりますので、心配はありません。)
シールドジャックが丸ごと入ってしまう穴が必要なため、22mmの太いドリルビットで穴を開けていきます。もちろん両手で開けないと、力が入らない上に危険ですので、このようにクランプでボディを固定して・・・・・
全ての穴が開け終わったところです。

この写真は、ボディの板厚がポットやスイッチのシャフト(ナット)部分よりまだ厚いため、ボディ厚をもう少し削り込んでいる所です。
このボディは、接着された表板が、アーチになっているために、どうしても各穴の位置により、板厚が違ってしまいます。
従って、それぞれのシャフト部分にあわせて 板厚を削り込む必要があるわけですね。

 

 

 

 

さらに今回はもうひと手間。
PRSのように、ボディ表側につまみやスイッチなどがはまり込むザグリを加工していきます。
先ほどの裏からの削り込みも、表面からも削り込みを計算に入れて行う必要があります。

ルーターで削った後は、ペーパーでこのようにエッジ部分の面を取っていきます。

はい、各スイッチ類を仮組みしてみたところです。
左からミニスイッチ、3点スイッチ、ポット(これはボリュームですね)、その他の2つは、ブリッジ用のボリュームとトーン用の穴になります。

ノブをおいてみたところです。
今回使用するノブは、今までアーチトップなどに使用してきた、ローズウッドやエボニーなどの天然木のノブを使用しようと思います。

ポットやノブ用の加工が一応終わりました。
つぎはこのポットポケットの裏蓋を作っていきましょう。



Copyright(c) Takashi Kono. All rights reserved.