HOME  Electoric CONTENTS  NEXT  


14/ポットポケットのフタ



ポットポケットの裏蓋加工です。
まず用意するものは、ピックガード材。このギターは濃いめのワイン〜ビンテージブラウンを想定していますので、やはり黒のピックガード材がいいでしょう。
まず、コンピュータで出力したポットポケット部の製図を、用意したピックガード材に貼り付けて切り出していきます。
糸鋸で切り出しています。切り口の滑らかさを考えると、やはりジュエリーソーの目の細かい刃が一番です。このピックガード材は、木材より軟らかいため、ストレス無くスイスイと切っていく事が出来ます(若干、プラスチックカスが刃にへばりつき、刃の目が埋まってしまいますので、切っている途中でワイヤブラシなどで軽くカスを落としながら作業を進めます。
はい、切り出し終えました。
切り口(小口)をヤスリで滑らかにします。
この時点で、このフタの形が決定してしまいますので、切り口も滑らかに、より自然なカーブ をめざして成形しておきます。
今回は、あえて表面のピカピカ部分ではなく、裏面のつや消し(マット)を使用する事にしましたので、このようなマットな感じに写真も撮れています。
出来上がった裏蓋をポットポケットの上にあて、輪郭をマーキングします。
フタが収まる部分をルーターで削っていきます。
今回使用したピックガード材は、厚さ3mmですから、若干深めに(尾は言っても3.2mm程度に)彫っていきます。
はい、掘り終えました。
















切り口にサンドペーパーをかけて、滑らかにしておきましょう。
はい、このように収まりました。
なんて事はない作業でしたね。



Copyright(c) Takashi Kono. All rights reserved.