HOME  Electoric CONTENTS  NEXT 


32/塗装



今回はこのような色を目標にいってみたいと思っているんですが・・・・
デザートバースト・・・・・(でもこんなきれいなフィギアードメイプルじゃ無いから・・・・こうはいかないだろうなあ・・・)

とりあえず下地色を作りましょう。
レモンイエローにオレンジ、そこにアンバーを少し混ぜてベースになる色を作ります。

う〜む、こんな感じかなあ・・・・
一応、ネックと同じメイプル材に調合した色を落として色の雰囲気を確認します。
ま、いいや。当たって砕けろ!

ベースカラーを全体に吹き付けて・・・・・・・
(おなじみ田宮製のコンプレッサーにエアガン)
次にアンバー・タバコブラウン・マホガニーレッドを加えたカラーで、ボディ全体に着色していきます。
もちろんこの時、バースト・・・と言うくらいですからボディ中央よりサイド部分を意識してグラデーションをかけていきます。

さらに先ほどの色に、ブラック・アンバー等を混ぜてボディの周りを締めていきます。

で、こんな感じに出来ました。
けっこう濃い色になってしまいましたが、ま、コレはコレでいいじゃない・・・・という事になりまして・・・
クリアーを2回ほど吹き付け、乾いた状態がこのようになってます。

じゃ、マスキングをはずしていきましょう。
いつもの事ですが、いいですね。このマスキングをはずすときは・・・・
ペロペロとマスキングをはずしていくと、くっきりと下が浮き出てくる瞬間・・・・ドキドキとワクワクがごちゃ混ぜになって、何とも言えぬ快感です。

猫の足跡も・・・・ペロペロ・・・・

ありゃ?なんかトーヤマの金さんの桜吹雪のような・・・・・・・・・・
ま、いーか。
ネックのバインディング部分も、マスキングをはずしていきます。
はい、ヘッドも・・・・・
これは、マスキングのすき間から、バインディングにじわりとにじみ出た塗料を、カッターの刃先を使って削り取っているところですね。

ネックのサイド部分も丁寧に削っていきます。

掃除機とこのようなハケを使って、削ったプラスチックカスをしっかりと取り除きます。
このあと、クリアーを吹き付けていくので、ホコリは大敵!
細かい糸くずやホコリはこの時点で徹底的にチェックしておきましょう。
(これだけやっても、どうしてもクリアーを拭くとホコリが入っちゃいますから、やりすぎる・・・・と言う事はありません。)
まず最初にヘッド部分にクリアーを吹き付けます。
私は最初のクリアーは、このようにテラッとなるくらい吹いてしまいます。(ただしコレはヘッドのみ)つまりクリアーを吹き終わった後、水平に出来る部分(つまりヘッド部分ですね)に限った話ですが・・・
ボディは、つり下げた状態でクリアーを吹き付けるので、ここまで厚塗りすると、間違いなくクリアーが垂れて来ますので、ここは要注意。
はい、ボディにも仕上げ用の第1回目クリアーを吹き終わりました。
この後は、クリアー2回→400番サンディング→クリアー2回→400番サンディング→クリアー2回→400番サンディング→クリアー(薄目)3回くらい→10日〜14日放置・・・という塗装スケジュールで進みます。


Copyright(c) Takashi Kono. All rights reserved.