HOME  Electoric CONTENTS  NEXT  

 


6/ボディトップ成形&接着



行程が少し前後していますが、トップ材の成形です。実はこの行程は先のルータ作業の前に行っていたのですが、説明の流れで後回しにしました。 まず、ベルトサンダーでブックマッチした板の表面をならしてやります。
つぎにボディのベースをトップ材に載せて全体のアウトラインをマーキングします。このときトップ材の木目(杢目)のよい方を表にして・・・という事は言うまでもありませんが・・・

で、バンドソーで切り出します。




はい、トップ材のできあがり!
さて次の行程は、トップ板にもピックアップとネック用のポケット部分を成形していきましょう。本来は、このトップを接着してからルーターで掘っていくのが普通ですが、私の手持ち工具ではそこまでの深さが掘れるビットがないので、仕方なくこんな面倒な手順を踏んで制作します。(ピンルータでもあれば、ホントに簡単な作業なのに・・・でも、ピンルータなんて置く場所もないし、値段もめちゃくちゃ高いし・・・ぶつぶつ・・・と夜は更けていく・・・)。




さ、どんどん次に進みましょう。
まず、糸ノコ盤で穴を開けたトップ板のピックアップ部分を切っていきます。下のザグった穴にあわせて製図してあるので、ライン通りに切れば、ぴったり合う!・・・はず。








どんどん切っていきます。

どんどん夜も更けていきます・・・・

いよいよトップ板を接着していきます。 こ〜んな感じのメイプル板です。少し見づらいかな?トラ杢がみえるでしょうか・・
まずお約束・定番・当たり前・癖の濡れ雑巾でホコリや木くずを取っておきましょう。 (もう、何回このセリフを書いたかな・・・別に書かなきゃいいんだけど、写真が出てくるとついつい・・・・)
でもって、タイトボンドを塗り塗りして・・・・・・・・・・・・・・。

はい、かわいい小指で塗り広げていきます。最初の頃は人差し指とか中指とか、いろいろやってみたんですが、力のかかり具合とかで、やっぱり小指が具合いいですねえ。 ベネディットさんのようになっちゃいましたね。(あの人が私の師匠です。・・・とお会いした事なんかないのに、勝手にそう決めてます)
接着風景です。いつもの事ながらクランプだらけ。
このように、横からむにゅっ・・・と接着剤がはみ出る具合が、ちょうどよい塗り方です。どばーでもカスッでもいけません。むにゅ・・・これくらいです。

 

はい接着も終わりました。 いよいよカタチになってきましたねえ。 スタートしてからココまで来るのに、約3ヶ月・・・・
全体をベルトサンダーできれいにしていきます。
サイド部分も丁寧に削りましょう。とくにサイドは、この後のバインディング行程で、ボディ通りの溝が切れてしまうので、この時点でできる限りなめらかな曲線が出るように仕上げていきます。

Copyright(c) Takashi Kono. All rights reserved.