HOME  Electoric CONTENTS  NEXT  




9/ネック成形



ネックの耳の接着とは、現状のネック形状ではヘッド部分のデザインが窮屈(つまり幅が足りない)になってしまうので、その幅を稼ぐために、ネック材と同じ材料を接着することです。この方法は昔のギブソンなどで採用されていた、比較的オーソドックスな方法なのですが、最近ではメーカーの工作技術が向上しているために、1ピースタイプのネックがほとんどですね。
ヘッドのデザイン形状を考えて、幅がほしい位置に耳部分を接着します。
もちろんクランプでがっちりと固定して、これも1日ほど放置して乾燥させます。 これで俗に言う5ピースネックが完成です。
接着が終わったら、ベルトサンダーで表面と裏面を平らにしていきます。
表面が平らに仕上がったところです。こんな感じになります。ここにヘッドプレート、つまりヘッドの化粧板を張っていくわけですね。これはどんなギターでも基本的には、同じ方法です。
裏面も同様に削って、平らにしておきます。 ヘッドの厚みは、ペグの種類にもよりますが、ヘッドプレートを張った状態で、大体15〜17mmになるように計算して、このヘッド部分の厚みを調整しておきます。ヘッドプレートが2.5〜3mm位なので、この時点で14mmに仕上げました。
はい、ヘッド部分の表と裏面が完成です。
それでは、トラスロッドの溝を埋めていきましょうか。まず、埋める材料はアガチス材です。トラス溝の大きさに切った材を、ぴったり(厳密にはぴったりではなく、きっちり!)はめるために、大きめに切った材をこのようにペーパーで削りながら微調整をして行きます。もちろんここでも、トラスロッドの埋まる深さが違うために(前の方1/3が9mmの深さ、後半の2/3は10mmの深さ)前半と後半の埋まる深さは変えておかなければいけません。ようするに、傾斜をつけると言う事ですね。
溝にぴったりの幅になったら、次は丸棒のヤスリで、トラスロッドに当たる部分にアールをつけていきましょう。以前は、こういった作業を無視していたのですが、やはりぴっちりと密着させるためには必要な事ですね。いまでは、こうした作業をしないと、気持ち悪くて夜も眠れません(いや、ホンマ、布団に入ったときにあれやこれや、後悔するんですよ。で。結局起き出して、削る!・・・・なーんて事を何度もしてきましたので、結局、不安な時は、迷わず作業!と言うことに落ち着きました。

トラスの溝にはめ込んで・・・と。
お、いいようですね。
よっしゃー、次へ行きましょう。
はい、先ほどのトラスロッドの押さえを接着しているところです。 このように、均一な接着のテンションをかけるために全体を覆う材で押さえて接着します。
接着が完了したところですね。

 

で、ノミで平らになるように削っていきます。しゃかしゃか・・・・きれいにな〜れ・・・と呪文を唱えながら削ると、きれいになります。(うそ、なれへん) 一生懸命、材を見ながら手のひらで感触を確かめながら、きれいにな〜れと唱えれば平らに・・・・ うそ。
ちゃんと平らになるまで削ります。
つぎは、フィンガーボードストップです。 フィンガーボードストップとは、フィンガーボードをストップさせる部分・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・そのまんま。 つまりフ
ィンがボード(指板の0フレット位置を出すための・・・ストップ材ですね)
スプルースの端材をフィンがボードの0フレット位置に、正確に接着しなければいけないのですが・・・・・
接着が終わったフィンガーボードストップは、このようにノミでヘッド部分の角度に合わせて削っていきます。 だいぶ削れて来ました。 じゃ〜ん!!!! 分かりますか?ヘッドの耳の「つぎはぎ」。 じつは今回、少し変わったヘッドの形にしたため、今までのようなヘッドの耳の取り付け位置では、長さが「足りなかった」のでした。・・・・がくっー。 と、気落ちしててもしようがないので、このように同じ材(ネックを作ったメイプルの端材)から、木目を同方向に揃えて、継ぎ足しをしました。 といっても、ここはすき間が出来ないように、きっちりとすりあわせをして、完成後は、何事もなかったかのように振る舞おうと思っています。(それくらい、ぱっと見では分からなくなるのですよ、イヤホント、自分用のギターで良かったなあ・・・・人のだったら根治治療しなけりゃならないほどの致命的なミスでもあります。ホントに。)
とか何とかいってる間に、おおー、出来ました。ヘッド面に沿ったフィンガーボードストップです。まあ、最終的には、ここにナットが来るので、削っちゃうんですが、とりあえず指板の位置決めには、重要なパーツですので・・・・・。 (こんな手間な事をしないビルダーもたくさんいると思います。が、私の場合、こういうクセが付いてしまったんですね)

Copyright(c) Takashi Kono. All rights reserved.