HOME
  Stork's Origin Archtop Contents NEXT


14/ネック最終調整と指板ポジションインレイ

ボディバインディングも巻き終わり・・・
やっとボディの「箱」が形になりました。
作業はドンドン進みます。
実を言うと、今回の作業内容・・・
あまり写真は多くないのですが、かなり時間を費やした作業工程です。
時間はかかってるけれど、作業の進捗内容に大きな変化がない・・・ので
こんな内容になっちゃうんですね。

今回は、ネックの仕込み調整と最終的な成形、
あと指板のブロックインレイの行程まで進みました。


ボディのバインディング接着が終了しました。
これから、バインディングのはみ出している部分を
スクレーパーで削っていきます。

あまり大きくはみ出さないように
バインディング溝を削り込んだ状態で接着したので
それほど削り込む必要はありません。
ま、サカサカ・・・とね・・・

つぎにネックサイド部分の成形です。
残念ながら、ほとんど写真が残っていません。
以前のように克明に写真を撮りつつ進める・・・のも
少々疲れたし、毎回、ほとんど同じ行程を
同じ内容で書いているので・・・
見ている皆さんも飽きるだろうなあ・・・と思いつつ

成形し終わった指板を両面テープで指定位置に固定し
ガイド代わりにして、ネックのサイド面をトリミングしました。

で、コレが成形し終わった所の写真ですね。

この写真と下の写真の2枚で・・・3時間。
ようするに ネックの最終仕込み調整をしているところです。
あっちを少し削ったり、こっちを削ったり・・・
ネックの左右、上下・・・
すべての隙間をぴったりさせるために
かなり・・・調整しました。

カッタウエイ側も・・・なんとか
ぴったりと決まりました。

じゃ・・・これでやっと・・・・
ネックのヒール部分の最終成形が出来ます。
やれやれ・・・。
ネックの仕込み調整が終わらないと・・・
この作業が出来ませんからね。

で、今回はボディバインディングの延長で
ネックにも白黒白黒の4本ラインパフリングを
入れることにします。

まずパフリングの溝を成形して・・・

こんな感じにはまり込むわけですね・・。
すごく無理矢理に納めてる・・・雰囲気が・・・。

で・・・ヒールキャップにはバーズアイの材で
サンドイッチするわけです。

溝部分がOKになったら
先にバーズアイ材を接着し、ヒール部分を成形していきます。

ヒール部分が、最終形の形に近づいたら
パフリングを接着します。
接着剤は、いつもバインディング巻きに使用している
Stewmacの20分効果タイプの瞬間接着剤。

接着剤が硬化したら、さらに成形していきます。

で・・・
そこそこ形になったヒール部分の写真がコレ。
あ〜〜〜〜〜〜〜しかし・・・
この作業・・・実は、その後、徒労に終わることになりました。
というのも・・・・
ボディとこのヒール部分、塗装時のつじつまが・・・合わないんですよ。(だったら最初からこんな作業しなけりゃ良かったのに・・と、思うのは・・・皆さんも・・・私も・・・同じ)
ここにパフリングが入った・・と言うことは
このヒール部分、ボディ側の延長と解釈しなければいけません。
でも、ボディ側は、アイボロイドのバンディングだし
ボディと同色の着色じゃ・・つじつまが合わないし?
じゃ、全く違う色か?・・・
いやいや、それじゃあこのパフリングを入れた
意味が見つからない・・・・
で、この問題は、自分自身しっかりと整理を仕切れないまま
頭の片隅に残り・・・ズルズルと作業は続くのでした。
結局!
最終的には、ネックを仕込み終えたあと・・・
どうにも納得いかず、この部分を成型し直しました。
なははは・・・・結構な大手術だったです。
で、結局どーなった?・・・・かは、
ネック接着後・・・の行程の時にご紹介しようと思います・・・
ま、その時までのお楽しみ・・と言うことで、ハイ。

このときは、跡でヒールのやり直しを・・なんて
考えもしてないので、ガンガンいってますね。
ヘッド裏の成型です。
厚みはヘッド下の方で14.8mm、
トップの方で14.3mmくらいに仕上げてます。
ヘッドの厚みは、全体にテーパーをつけて成型してます。
首部分なども・・・細かくね・・・。

作業は進みます。
指板ですね、L-5スタイルのブロックインレイ。
このブロックインレイは、すでに加工された市販品ですね。
貝の原材から、このような綺麗な四角形の形に切り出すのは
けっこう大変な作業です。
ロスも大きいし・・・
つまるところ・・このように市販品を使用するのが
時間的にも労力的にも、一番効率的ですね。

MOP(マザーオブパール)です。

写真にはありませんが、ドレメルでブロックの形に
凹型の穴を開け、エポキシで接着しました。

使用したエポキシは、これ。
ま、どこのホームセンターでも売っている
ごくごく一般的なエポキシ接着剤です。

混ぜる粉はコレね。
stewmacで購入したもの。
名称はInlay Filler Colors とクレジットされてました。
もう購入して10年近くになるかしら・・・?
たぶんこれで一生・・持つでしょうね。
エポキシが硬化したので
指板のアールサンディングをしていきます。


   


HOME  Stork's Origin Archtop contents

 


 

Copyright(c) Takashi Kono. All rights reserved.