HOME
  Stork's Origin Archtop Contents  NEXT


19/エスカッション!

塗装行程の最中・・・・
サンディングシーラー吹きとか、その磨きとか・・・・
継続的ではないけれど、定期的な作業の合間に・・・
こんなのも作ってました。
これはコレで・・・やり出せば一仕事・・・。
最終的にどんなデザインに仕上げるか・・・って
肉体的作業・・より、すごくエネルギーを使うのですよ・・・。
頭の中・・もう、へろへろです。



このエスカッションのベースとなった材は、
ココボロ・・です。
ココボロは、いまではアメリカからの輸出規制で
日本には輸入できなくなってしまった材です。
私としては、とても好きな材だっただけに
非常に残念・・・。
いまでは、ヘッドプレート、指板用に取り寄せていた
わずかな在庫のみ・・・。
でも新たに国内で調達するとなると・・・
希少価値が故に・・値段が高騰・・・・
ということになるんでしょうねえ・・・。

とりあえずベーシックなスタイルで作りました。
む〜〜〜〜〜〜
も、ひとつ・・・・かなあ・・・・?

と言うことで・・・・
周りの段差の部分に、
大きくアールをつけてみることにしました。

で・・・・
その周りのベース部分も・・・・

はい、こんな感じで成形が完了。
ま・・・面白い形になってきました。

仕上げは400番のペーパーで・・・。

さらに、800番〜、1000番〜のスポンジペーパーで
磨き作業をしてきます。
じつはこの作業の時期(2012.12.初旬ころ)は、
すさまじい勢いで、数本のギターを磨いておりまして・・・
私の右手の人差し指の先は、かなり強烈なダメージが・・・。
少しものがさわっただけでも・・・痛いッ!・・
状態になっておりまして・・・
さらには親指の切り傷跡も、毎日の磨き工程の酷使で
全く直る気配がない・・・状況で作業を続けておりました。
とにかく、右手の指先・・・すべてが・・・
力がかかると痛いのですよ・・・。
いやあ・・こんな経験は初めてでした。

ま・・・と言うことで・・・
エスカッションは・・・・
こんな感じに「かわゆく!」・・・・完成!

ま、当然といえば当然ですが・・・
エスカッションの下側は・・・まっすぐですね・・。
しかし・・・ここが問題。

はい、120番のペーパー。

エスカッションがボディ面と接触する部分の
アールを成形していくことにします。

とにかく・・・・
ひたすらゴシゴシ・・・。
それも大きくは動かさないで、小刻みに・・・・ゴシゴシ。

小さくしか動かせないので、時間はかかりましたが
何とかここまで・・・できました。
なんと言っても、3次元のアール加工ですので
時間がかかってしまいます。

じゃ・・・ピックアップの取り付けを・・・
ピックアップの取り付け穴をマーキングして・・・
ドリルで穴開けを行い・・。

はい、ピックアップも取り付け完了。

横から見ると、こんな感じ。

クリアもすでに乾燥したので、いよいよ磨きの工程です。
じゃ、指板のマスキングもはずしておきましょう。

やあ・・・久しぶりの全体像が見えました。

この時期、同時進行していた、NAMM出品用の3本。
(2012.12.初旬頃ですね)

ヘッド側からは、こんな感じ。


   


HOME  Stork's Origin Archtop contents

 


 


Copyright(c) Takashi Kono. All rights reserved.