HOME
  Stork's Origin Archtop Contents  NEXT


22/ブリッジ制作とテールピースの仕上げ

テールピースにブリッジの制作も大詰めです。
最近は、すべてのパーツを作り出しているので
なかなか作業がはかどりません。
この、1個1個のパーツをゼロから作るというのは、
結構、時間がかかっちゃうのですよ。


ザックリと成形したブリッジの土台部分ですね。
これから、この鉛筆線のように成形していきます。

まずサイド部分は、斜めに成形します。
このようにベルトサンダーを使ってやれば
意外と簡単に成形出来ますよ。

はい、こんな感じ。

両端のアール部分は、このようにベルトサンダーの
コーナー部分を使って、同じ形のアールに成形します。

次は、上から見た両端の成形ですね。
やはりベルトサンダーに付属している
円形のサンディング部分で、
両端のコーナー部分を丸くしていきます。

こんな感じですね。

大まかに形ができました。

400番〜600番で磨いたあと、
800番のスポンジペーパーでさらに磨き込みます。

最後に家具用ワックスで
ブリッジの土台全体を保護しておきます。
時間が経過すると、この写真のような
ツヤはなくなってしまいますが・・・。

次に上に乗っかるブリッジ部分を支えるための
ボルトを締め込んでいきます。

で・・・・
このようなジグに固定して・・・

このジグの裏側は、こんな感じになってます。

使い方は、このように・・・・
マスキングテープが貼ってある位置が
ブリッジが収まる位置ですね。

で、この位置に80番のペーパーを貼り付けて・・・
先ほどのジグをつけたブリッジをゴシゴシしてやると・・

このようにブリッジが収まる位置のアール形状が
しっかりとできました。
つまりこのブリッジは、トップボードのブリッジ位置に
ぴったりと隙間無く収まるわけですね。
市販されている一般的なブリッジは、
ブリッジのスタッドボルトの下位置に
2本足のような形状のタイプが多いですが
今回のストークオリジナルでは、ブリッジの裏面全体が
ボディに密着するスタイルで作りました。
こうすることにより、よりブリッジからの振動を
ボディに伝えることができるからです。

真鍮板にアース線を通し、エポキシで接着しました。

こんな感じですね。

裏側に伸びてきたアース線は、
このように金具のザグリ部分に納めます。

そして、テールピース金具を納めると
アース線と金具が密着するワケですね。

それでは・・・
エポキシを塗り込んで・・・・・
はい、金具を接着しました。
さらに44カ所をビスで固定して・・・・
コレで完全に金具とテールピースは一体化したわけです。
こんな感じですね。
取り付けてみたところです。

金具センターの大きめの丸い穴位置に
エンドピンがくるわけですね。
テールピースを固定して
ネック〜ボディ〜テールピースの位置関係を再確認。
いいようですね。
ピックアップ位置も・・・・
ポールピース上を1弦と6弦が通っています。
 
次に、ピックガードの制作です。
まず、エスカッションの形状を取って・・・
それを紙の上に写し取って・・・
このようにピックガードの型紙ができました。
さ、行程も大詰め。
ピックがーを作ったら、本体を磨いて
ハードウエアを取り付ければ完成です。


   


HOME  Stork's Origin Archtop contents

 


 


Copyright(c) Takashi Kono. All rights reserved.