HOME
  Stork's Origin Archtop Contents NEXT


5/ブロックの成形



現在このギターは、バックボードの接着も完了し
ネックも制作・・・・トップボードの接着前までになってます。
なのに・・・・・
まだまだメイキングは遅れるばかり・・・。
・・・頑張らねば・・・メイキングも・・・。

さ、ブロックを接着していきます。
サイド材のバック側センターを出しているところですね。

スコヤで直角ラインをマーキングして・・・・

カットするときは、こんな感じになります。
ワークテーブルに端材をクランプで固定して・・・・。

固定した風景はこんな感じ。
この状態で薄刃のノコで、まずは切り込みを入れます。

そのあと、きっちりした直線がほしい場合は
このように大きめのカッターナイフで
地道に切り出していくわけですね。

話は変わって・・・・・
これは・・・?
サイド材の割れ止めですね。
カーフドライニング2コマ分の幅にカットした
厚み2mmの檜材。
入手は近所のホームセンターです。

コレをサイド材の高さにカットしていきます。

こんな感じですね。
高さはサイド材より0.5mm~1くらい上下に飛び出すサイズ。
最終的にはライニングもろとも、サンディングバーで
削ってしまいますので少々のサイズ不揃いは
あまり気にする必要はありません。

おっ?
ブロックの加工に戻ってきましたね。
先ほど切り出したバックのセンター部を
さらにまっすぐにしていきます。
このとき気をつけるのは、サンディングの木片を
若干、ボディの内面側に傾けてペーパーをかけること・・・。
すると左右のサイド材を合わせたとき
完全に隙間も消えてぴったりと合います。

はい、
両側のエッジ部分を成形して
こんな感じに仕上がりました。

次はブロックですね。
これはエンドブロック。
マホガニー材の端材から切り出しています。

センターラインとサイド材を合わせて・・・・
アールの部分をブロック材に写し取っているところですね。

で・・・・
ベルトサンダーでアール部分を削っていきます。
気をつけなくてはいけないのが、
ブロック上下を均等に削る事。
ベルトサンダーは、材を一気に削っていきますので
少しづつじわり・・・・と削っていかないと
あっという間に、廃材の山になってしまいますので
いつも心して作業するようにしています。
(もう、何度も泣いたからね・・・・)
ま、こんな感じですね。
エッジ部分も、ついでに丸く加工しておきましょう。

ヒールブロックもこのように加工しました。
コレもベルトサンダーで加工した物です。

で、同様にエッジ部分もアールをつけて・・・。

サイド材は、このようにテープでしっかりと固定して
ブロックの背着に備えます。
もちろん接着剤がドボドボと溢れて、
他の木部分とくっついてしまわないように
ラックスペーパー(クッキングシート)で保護しておくことは
言うまでもありません。
エンド側のブロックを接着しました。
ヒール側ですね。
接着前に接着面の平滑を出しておきましょう。
とは言っても、120番くらいでのサンディングで
十分ですね・・・。
で、ヒール側のブロックも一気に接着。
アーチトップギターの製作では、
ま、見慣れた風景のひとつですね。

   


HOME  Stork's Origin Archtop contents

 


 

Copyright(c) Takashi Kono. All rights reserved.