HOME
  Stork's Origin Archtop Contents NEXT


9/ネック勘合加工とバックボード接着

さ、つぎの行程は、ネックの勘合加工を行って行きましょう。
このアーチトップタイプのギターの場合、
通常ならばダブテイルスタイルで勘合部を加工するのですが
このギターは、ボディ厚が50mmくらいしかないので
ダブテイルのジョイントではちょっと強度的に不安です。
そこで、レスポールのように一般的なセットネックスタイルで
強度を保ちつつ、ジョイント部を加工することにします。

への字型のネック。
指板接着面やヘッド表面の平滑加工も終わりました。

で・・・・
エンド部分の継ぎ手部分の加工ですね。

こんな感じにエクステンションが乗るわけです。

指板を乗せると・・・・こんな感じ。
この完成計のシュミレーションは結構大事な作業です。
この過程で、思いもよらぬミスとか勘違いが
発覚することもありますので、
手を抜かずに完成シュミレーションをするクセをつけてます。

完成形の確認もしっかりとしましたので
これから勘合部の加工をしていきましょう。

まず・・・ボディ側のテノン部に合わせて
ネックの左右をカットしていきます。
このような微妙な部分は、やっぱり手ノコが一番・・・。
カットラインより鉛筆線1本分外側に切り込みを入れ、
内に向かってやや角度をつけながら切り込んでいきます。
角度と行っても、外と内の誤差は、ほんのわずか、
0.5mmくらいですかね・・。

バンドソーで縦方向にカットし
左右の余り部分を切り出しました。

もちろん縦方向のバンドソー加工では
鉛筆線1本分大きめにカットしていますので
そのまますんなりとは、
ネックがボディに収まってはくれません。

何度も摺り合わせをして
やっと収まりました。
ここら辺の作業は、写真に撮っても同じ作業の
繰り返しばかりで面白くも何ともないのですが
ボディとネックの直進性をチェックしながら・・
密着度の精度を上げる・・とか
かなり時間をかけて行う行程でもあります。
上の写真からこの写真まで
たぶんまる1日は、たっぷり時間をかけた・・と思います。

やあやあ・・・ネックが収まりました。
ちょっと、ひと安心。

勘合部はこんな感じですね。
この勘合部がヒールブロックから飛び出している厚み分は
この部分にトップボードが乗ってくるためのマージンです。

反対側もこのような感じ。

裏側もバックボード分のマージンを取ってあるので
こんな感じになるわけですね。
ネックの勘合部加工も出来たので
バックボードを接着していきましょう。
おっ?
これは、このメイキングのHIRO2と同じく
来年のNAMMに持って行くザグリアーチの
トップボードですね。
スポルテッドメイプル、
もちろん、ハンドカーブで加工してます。
写真で見ると、すごい木肌に見えますね・・・。

ボンドをしっかりと塗布して・・・・

ありゃ・・・
早い展開、もう完成してしまいました。
まあ、毎度おなじみの写真ばかりなので・・・。

エンドブロック部分はこのように接着。

ヒールブロックはこんな感じ。
さすがにブロックの縦方向が、
一般的なアーチトップのブロックより長いので
カーブ面に当たる部分は、若干隙間が開いてますね・・・。



   


HOME  Stork's Origin Archtop contents