HOME Wisteria Contents NEXT




10 /ロゼッタ制作、その他

 

ヒール部分のキャップですね。
バーズアイを使っています。

接着風景ですね。
このように、ボディとの密着部分に水平が出た当て木で受けて
ヒールキャップを接着するわけです。

とりあえず接着面の平滑を出しておきます。

おっと、いきなり場面転換。
これはロゼッタ用のアバロンをカットしているところですね。

カットしたアバロン貝は、このように一つづつ
カット面をヤスリで綺麗にしておきます。

アバロン貝の周りのパフリングを入れながら
一枚づつ接着していきます。

貝どうしはピッタリと密着刺せるため、
その都度、密着面をヤスリで修正しながら接着していきます。

はい、ロゼッタのアバロンの埋め込みが終わりました。

やっとサウンドホールの穴が開けられますね。
ジグを使って穴を開けていきましょう。

サウンドホール完成。

エッジ部分をきれいにします。
これは120番ですね。

はい、完了。
もちろん、まだアバロンが飛び出している状態なので、
ここも成形しなくてはなりません。

ランダムサンダーでアバロンを平らにしています。
ここで気をつけることは、トップボード部分を削ってしまわないこと。
すでにトップボードは、厚みの調整が出来上がっているので
慎重に削っております。

ある程度、削り込んだら後は手で慎重に磨きます。
トップボードを極力削ってしまわないように・・・・。

さらに280番、400番で仕上げが完了しました。

さ、ロゼッタが出来上がったので、
やっとトップボードの裏側の作業の開始です。
まずはXブレイスの接着ですね。
これはXブレイスの表面の最終仕上げをしているところ。

はい、このように仕上がりました。

さ、いよいよ接着です。
このときは、カムクランプが大活躍。

おお、Xブレイスの接着完了。
じゃあ、一気に他のブレイスも接着していきましょう。

どんどん接着してますね。
おお、凄いことになってますねえ。

この状態で、一日放置しておきましょう。

つぎにバックボード裏側にシェラックを塗り込んでおきます。
これは、こまかい気泡穴の埋め込みと
湿気対策でもあります。
はい、シェラックの塗り込み完了。
半日ほど乾燥させます。

つづいてトップボードですね。
各ブレイスのエンド部分の成形をしていきます。

着々と成形しております。
最後はこのようにサンディングして
仕上げですね。
はい、なんとかブレイスの接着・成形が終わりました。
 


 


HOME Wisteria Contents



Copyright(c) Takashi Kono. All rights reserved.