HOME Wisteria Contents NEXT




11/トップボード接着ほか

 

エルボーコンターの接着風景ですね。

で、トップボードのセンターを確認しつつ・・・

はい、センターラインが出ました。

つぎにトップボード接着のための
ブレイス切り欠きをマーキングします。

エルボーコンター部分も・・・

トップボードのブレイスは、こんな感じですね。

トップボードのセンターが出た状態で、
切り欠き部分のマーキングをしているところです。

マーキングした部分の切り欠きを
薄刃ノコで切っているところですね。

何度もチェックして・・・
どうやらトップボードもピッタリ収まりました。

場面変わって・・・
エンド部分にエンドピンジャックの穴を開け手置きましょう。
まずはセンター位置を出して・・・と・・・

ドリルで穴を開けていきます。
皆さんもこの作業時は、取り付ける時は、
取り付けるエンドピンジャックの取り付け径を
しっかりチェックしてから穴の径を決めてください。

穴が開け終わって、仮装着しているところ。

で、表側から見ると・・・
おっ、いいですね。
バッチリです。

じゃ、トップボードを接着するための準備はすべて完了。
いよいよ接着です。

エルボーコンター部分は、
最終的に斜めに削り込むために接着剤を加減して・・・

トップボードの仮接着風景。
いきなり本クランプをするとセンター位置がずれてしまうため、
とりあえず、じわっ・・・と接着できる
カムクランを使ってトップボードを固定します。

で、これが本クランプですね。
この状態で翌日まで放置・・・。

接着後、はみ出ている部分のカット。

このように出来ました。

で、この写真は、エルボーコンター部の追加の仮接着。
エルボーコンター形状を成形した、
トップボードと同じ厚みの板を作ってあります。
じゃ、バインディングの溝を切っていきましょう。
まずはボディ固定用のジグを用意して・・・と

こんな感じで溝を切っていきます。

溝が切り終えたトップボード。
ん?・・・あ、パフリングの溝がまだでしたね。
ヒーヒー、ベンディングアイロンで木製のバインディングを曲げました。

バインディングの接着をチェックしているところ。

じゃ、パフリングを接着していきましょう。
こんな感じですね。
はい、なんとかパフリングを接着しています。
木製なので、ポキッと折れちゃわないか、ヒヤヒヤものでした。


 


HOME Wisteria Contents



Copyright(c) Takashi Kono. All rights reserved.