HOME Wisteria Contents NEXT




14 /めんどくさいインレイ

 

ヘッドのインレイです。
もちろんストークのロゴを入れますので・・・・

と、まあこんな感じに完了。
そういえば、ジュエリーソーに使う糸鋸刃で
いつも私が使っているバローベ製の糸のこ刃が
入手できなくなってしまいました。
この制作当時は在庫があったのですが
現在('21.7.1現在)は、同じスイス製の
スーパーパイク社のものを使用しています。
でもやっぱりバローベの方が切りやすかったですね・・・
大量にストックしている方が羨ましい。

これは、「藤」のインレイです。
以前、同様の藤のインレイを入れたことがありますが
このインレイをオーナーが気に入ってくださって
ヘッドに入れる事になりました。
ん〜〜〜〜、主旨の部分ですかね?
切りだしました。
2〜3mmだと思います。

で、花の部分を切り出してはめ込みます。
グー!

で、バラバラにならないうちに
接着しておきます。
もちろん、下にはクッキングシートを敷き
接着剤がくっつかないように・・・・。

同様の作業を繰り返しながら、
ここまで来ました。
こりゃ、長くなるなあ〜。

も、ヒーヒー作業ですね。

とにかく一個一個丁寧に接着しながら
全体のカタチを作って行きます。

なんとか終了。
ほぼ2日間、この作業に没頭しておりました。

つぎは、ペグですね。
GOTOHのオープンバックタイプを使用します。

規定の穴を開け・・・・
はい、いいようですね。
残りのペグ穴も同様に作業します。

と、ここで・・・・
エルボーコンターの制作ですね。
頭の中と図面でイメージしていたのですが、
やはり実際に削り始めるときはドキドキしました。

ヤスリで仕上げた後は、ペーパーでサンディング。

なかなか要領がつかめないので凄く慎重に作業してます。

とか何とか言いながら・・・・・
やれやれ、エルボーコンターが出来上がりました。
いやー、この作業も疲れましたねえ。

さ、指板です。
位置合わせをしているところですね。

で、位置が決定したらミニドリルで穴を開け
極小釘で固定します。

ザッと遠目で眺めてみたところ。

んで、今のうちにネックとのサイズを均一にしておきます。
使用する工具は、コロ付きビットのトリマーですね。

さてつぎは・・・・
ポジションマークをはめ込んでいきましょう。
まずは指定位置をマーキングして・・・

指板を切り欠いて、ポジションのインレイをうめていきます。
インレイは、オーナー希望の藤の花ですね。

はい、無事インレイの埋め込みも終了。
このままエポキシが乾くまで24時間放置しておきます。

写真が見つからなかったので、違うギターの指板で説明を・・・
12Rのサンディングジグで磨いているところです。
で、適正な指板アールが出たら
指板バインディングの左右に固まった接着剤を取っていきます。


 


HOME Wisteria Contents



Copyright(c) Takashi Kono. All rights reserved.