HOME Wisteria Contents NEXT




15 /インレイ&フレット

 

ヘッドのインレイの彫り込みをします。
ひさびさの細かいインレイですね、上手く出来るかなあ?

とかなんとかブツブツと独り言を言いながら
何とか切り出したアバロン貝達を収めて、
いつものように2液エポキシで接着しました。
写真が無くてごめんなさい。

で、磨いた後がこれですね。
フムフム・・・・ま、いいんじゃないでしょうか。

これはヘッド裏ですね。
オーナーのネームが入っています。

ヘッドの表・裏ともエボニー使用ですね。

さ、つぎは・・・・。
指板の接着準備ですね。
まずは、指板のアールをつけて行きましょう。
12アールです。

は、接着です。
すでに指板の位置出しをしてありますので
細くぎをガイドにして接着するだけです。

えい、やっ!
・・・・の風景ですね。

接着10分後の風景。
はみ出した接着剤を削り取っていきます。
この「10分後のタイミングで削ると、
ホント、すんなり綺麗に接着剤が取れますので
是非お試しを・・・。

で、最終的なクランピングです。
この状態で12時間放置しておきます。

さてつぎは、フレットですね。
まずはフレットをベンダーで12インチアールの形状に曲げていきます。
(厳密には12インチより少しきつく曲げますが・・・)

と、こんな感じに曲がりました。

曲げたフレットをカット!
20フレット分カットしていきます。

はい、フレットのカット終了。
じゃ、打ち込んで行きますか。

と、その前に・・・・
フレット端の処理をしなきゃ。
このようにタンニングニッパーでフレットの端っこを
カットしていきます。

じゃ、打ち込みましょう。
最近は、このようにプラスチックハンマーでの
打ち込みが多いですね。

はい、打ち込み完了。

で、次の最初の行程は、
サイド部分のサンディング。
まず、サイドにはみ出ているフレットを削っています。

つぎは、フレット端の斜めエッジ処理。
このように線用工具を使ってフレットのエッジを
斜めに処理していきます。

で、次は・・・・
フレットの高さ調整!
このようにストレートジグを使って
フレットの表面高さを均一にしていきます。
ちなみにこのフレットストレート治具・・・
専用工具ではなく、ネットで探して購入した
スチールの鋼管です。

で、いよいよ最終調整一歩前。
フレットエッジの処理ですね。
これも専用のヤスリです。

最後の下処理。
フレットのトップ面を、かまぼこ形状に成形しているところ。

で、マスキングで指板面を保護して・・・と、
この後、仕上げの磨きをしていくワケですね。
おおっ!
いきなりネックの削りにはいりました。
大分進みましたね。
このあと、ネックのストレートラインを
チェックしながらの最終調整に入ります。
ヘッド側から見たところ。


 


HOME Wisteria Contents



Copyright(c) Takashi Kono. All rights reserved.